スポンサーリンク

「岬めぐりコース」に近い、久種湖畔キャンプ場 

キャンプ場・RVパーク
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

礼文島唯一の高規格オートサイト

花の浮島として名高い礼文島の北部、スコトン岬に近い船泊地区に設けられた高規格オートキャンプ場。

礼文島にはフェリー・ターミナルがある香深の近くに、もう1つ緑ヶ丘公園キャンプ場があるのだが、そちらは駐車場がなく、ライダーやバックパッカー向けの作りになっている。

詳細説明に入る前に…

礼文島は稚内港からフェリーで2時間ほどのところにあるのだが、マイカーで渡ると5メートル未満の車両運搬料金(運転手込み)だけで3万円をゆうに超える。
しかし人間だけだと2人でも約8000円でおさまるため、車中泊の旅行者でも、稚内にクルマを置いて、日帰りもしくはキャンプか民宿泊まりで訪れる人が多い。

筆者は3度に分けてこの島を1周しているが、2008年はバックパッキングで、2011年と2016年にはクルマで渡った。

さて、利用料金は冒頭の写真の駐車場で車中泊をする場合、入場料のひとり600円だけで済む。ただしキャンプサイトとは離れているため、カーサイドに椅子やテーブルを広げることはできない。

つまり、スタイルとしては無料駐車場で車中泊をするのと何ら変わらず、キャンピングカーでなければ、ここでのんびり寛ぐことは難しいだろう。

加えて、生鮮食品やお酒の買い出しと入浴には、フェリーターミナルのある香深の町まで行かなければならない(船泊湯は閉鎖)。

それを考えると2~3日で礼文島を観光するなら、礼文島の北部をハイキングする際にはこちらで泊まり、南部のハイキングと「前泊・後泊」には香深フェリーターミナルの無料駐車場を利用するのがお勧めだ。
礼文島で一番利便性の高い車中泊スポットは、香深フェリーターミナル
礼文島での車中泊に便利な、香深フェリーターミナルの無料駐車場に関する記述です。

とはいえ、ランドリーとシャワールーム、そしてゴミ・ステーションが完備され、車中泊での長期滞在ができるところはここしかない。その場合は、サイトにシェルターかタープを張って「居場所」を作るほうがいい。

テントサイトは全面芝生張り。テントを張っても料金は先ほどの車中泊と同じなので、ライダーが数多く利用している。

なお、15Aの電源サイトはバンガローの手前に16区画用意されており、こちらは2000円のサイト料金が入場料とは別に必要だ。

面白いのはその区画サイトとご覧のバンガロー(左手の小さな建物群)が同じ料金であること。

北海道のバンガローは総じて安く、雨なら断然バンガローの方がいい。

またこのキャンプ場は晴れても強風がツキモノだけに、1泊でテントやシェルターを立てる手間とリスクを考えるなら、最初からバンガローを借りるほうが賢明かもしれない。

さて。

隣接する久種湖には周回できる遊歩道が整備されており、キャンパーはサイトからそのまま散策に出かけられる。

レブンアツモリソウの咲く頃には、久種湖畔でクロユリも見られる。

ただし、頑張って探さないと容易には見つからない(笑)。

クロユリが咲いてるのは、この木道の脇の茂みだ。

なお、礼文島でアツモリソウとクロユリが見れるのは5月下旬から6月初旬なので、夜はけっこう冷え込む。

その時期に行くなら防寒用品を忘れずに持参しよう。

【正式名称】
久種湖畔キャンプ場

【サイト数】
オートサイト 16区画
フリーサイト 約50張り
【営業期間】
5月1日~9月30日
【料金】
入場料、大人1名600円/1日 ※夫婦1泊1200円
オートサイト(15Aの電源付き) 2000円
バンガロー(4人用)2000円
コテージ(5人用)15000円
【フィールド】
湖畔の芝生サイトでほぼフラット・直火不可・ペットは駐車場内ならOK。
チェックイン 13~17時
チェックアウト 7~10時
【トイレ】
水洗(キレイ)
【最寄の入浴施設】
なし・場内にシャワー室完備

「よこの商店」まで約200メートル 

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました