スポンサーリンク

日本最北の車中泊スポット 宗谷岬無料駐車場

無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

強風にご用心。

宗谷岬の無料駐車場には、50台はゆうに収容できそうな広さとトイレがある。さすがに夜間は訪れる人もなさそうだが、周囲には民宿が何軒かあるので治安はそんなに悪くない。

路面はおおむねフラットで車中泊に向いているが、すぐ脇を国道238号が走っているため静かとは言い難い。

筆者は2000年に初めて北海道をクルマで旅した際に、ガソリン切れのため、この駐車場で車中泊をしたことがあるが、その日は深夜になってからフレンディーのポップアップルーフが吹っ飛ぶかと思うほど風が強くなり、安眠どころではなかった(笑)。ここで車中泊をする際は、風を意識した場所取りを心がけよう。

ちなみに宗谷岬のすぐ近くにはガソリンスタンドがある。本当はここで給油して猿払の道の駅まで進むつもりだったのだが、このスタンドの閉店時間は驚くほど早く、開店は本当に遅かった。それはたぶん…今でもきっと変わらない(笑)。

デビューガイドに書いた「北海道ではガソリンが半分になったら給油する」という教訓は、この時に得た。

実は、宗谷岬には写真の「宗谷展望台」の前の坂を上ったところに、「宗谷岬平和公園」の無料駐車場があり、そちらにも公衆トイレが用意されている。

宗谷岬平和公園の駐車場。全体に傾斜はあるものの、国道から奥まっているぶん静かに過ごせる。いずれにしても到着が遅くなる場合は、食物の持参が必要。観光地なので特に平日は5時には店が閉まると考えよう。

なお、お風呂は歩いて行けるところにある「最北の宿」が日帰り入浴を受け付けている。一時期休止をしていたようだが、2017年7月には再開していた。

【正式名称】
宗谷岬
【最寄の温泉】
民宿 最北の宿
料金:大人500円
営業時間:15~20時
休館日:不定期

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
Re 北海道 (昭文社ムック)
昭文社 旅行ガイドブック 編集部
¥ 1,080(2019/06/27 18:11時点)
タイトルとURLをコピーしました