スポンサーリンク

美瑛のフラワーファーム ぜるぶの丘

フラワースポット
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

語源は、「かぜ」「かおる」「あそぶ」

美瑛から旭川へ向かう国道237号線沿いにあり、かんのファームと同じく国道からお花畑の様子がよく見える。

6月~9月にかけてラベンダーやサルビア、マリーゴールド、ベコニアなどが一面に開花し、丘は緩やかにカーブを描く鮮やかな花のベルトで彩られる。

これが無料で見られるのだから、いやはや北海道には驚かされる。

ちなみに、耳慣れない「ぜるぶ」という響きの語源は、「かぜ」「かおる」「あそぶ」の各後ろの三文字をとったもの。「見る」「食べる」「遊ぶ」をそうした「るるぶ」と同じ手法のネーミングだ。

国道から見上げた限りでは、さほど広いようには見えないが、実際には彩香の里に近い面積があるという。

園内には遊歩道が整備されているが、夏場はバギーカーでコースを回る観光客が多い。

だが派手なエンジン音が気になり、落ち着いて撮影していられそうには思えないため、筆者はそれがあまり好きではない。

なお、ぜるぶの丘のさらに奥には亜斗夢(あとむ)の丘があり、そこからはパッワークの路にあるケンとメリーの木が見える。

だが、ケンメリの木はパッワークの路から見るほうが圧倒的に美しい。

所在地:北海道上川郡美瑛町大三
TEL:(0166)92-3160
営業時間:10:00~16:00
料金:無料
駐車場:あり(無料)

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました