スポンサーリンク

パッチワークの路 ベストドライブルート

18.特選スポット
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

自転車は無謀。

コースガイドの前に、「パッチワークの路」を徒歩はもちろん、サイクリスト以外の人間が自転車で回ろうというのは「自殺行為」に近い(笑)。

そもそも丘というのは「坂だらけの場所」を意味するわけで、マイカーだけでなく、観光バスや大型トラクターが行き交う歩道もない農道を、フラフラしながら走る自転車が危険でないはずがない

ドライブの留意点

ご覧の通り、地図を多少拡大したところで、まともな目印になるものは「名木」しかないのがパッチワークの路だ。

建物がほとんどないので、ナビのモニターには道路しか表示されない。つまりパッチワークの路では、それを頼りにしなければ、ぐるりと全体を周ることさえ難しい。ゆえにロスの少ない道順が大事になる。

パッチワークの路に入ったら、最初に北西の丘展望台を目指そう。ここには観光案内所と、この一帯では唯一の公衆トイレがある。

それからケンとメリーの木、セブンスターの木、親子の木、マイルドセブンの丘とまわれば、最もロスなく周回することができる。

ベストドライブルート

※グーグルマップは各チェックポイントの詳細ページに掲載している。

【スタート】
北西の丘展望公園

↓ 約0.6キロ

ケンとメリーの木 

↓ 約4.1キロ

セブンスターの木

↓ 約2.9キロ

親子の木 

↓ 約6.6キロ

ゴール
マイルドセブンの丘 

観光の秘訣

走行距離は約14キロとわずかなので、木を見てまわるだけならたぶん2時間もかからない。

ただ、それだけで満足しているようでは、観光バスで行くのとほとんど大差がない。クルマ旅なら、ここでは遠慮せずに寄り道をしよう。

ただしパッチワークの路は、都会のように格子状に道路が走っておらず、適当に動けばすぐに迷子になってしまう恐れがある。

そこで、まずは確実にナビに次の目的地を設定し、そこに着くまでの間で景色の良い場所を探す。

わかりやすくいえば、目的地をセブンスターの木にセットしたら、ノンストップでそこまで行くのではなく、車窓をよく見て、気に入った場所があれば角を曲がり、クルマを停めて降りて見る。

道中で同じことを繰り返せば、やがてココだというところが現れるはずだ。

最後に、のんびり場所を探したいなら、パンかおにぎり、そして飲み物を持参して行こう。都会では有り余るほどの自動販売機も、ココに来れば貴重品。要りそうなものは全て持参するのが、北海道を旅する際の鉄則だ。
タイトルとURLをコピーしました