スポンサーリンク

復活したパッチワークの路の「親子の木」

美瑛

いつ誰がその名前をつけたのかは分からないが、大きな2本のカシワの木と、その間に挟まれた小さな木が、まるで親子のように見えることからそう名付けられたという。

親子の木を撮るなら、東側の道路を北に下った坂の下から見上げるか、この写真のように距離は遠いがパッチワークの路からがいい。

パッチワークの路付近には、ビュースポットも設けられている。

その「親子の木」に異変が起きたのは2015年10月。強風により、真ん中にあった子供の木が倒れてしまったのだ。しかし翌年、その景観保護のために植樹され、現在はたぶんリピータでも云われなければ気づかないと思う(笑)。

なお、親子の木の前の道は農作業用の道なので一般車は入れない。また近づくほど、親子らしさはなくなる。

[mappress mapid=”103″]

マップコード:389 127 019*38

 

<Next Contents>

マイルドセブンの丘 

マイカーで行く美瑛パッチワークの路 ベストルート&ビュースポット

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました