スポンサーリンク

大雪山の穴場車中泊スポット 大雪防災ステーション無料駐車場

無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

マイカー規制が行われる、紅葉シーズンにお勧め

層雲峡から三国峠を目指し、国道39号から国道273号に入ってすぐのところにある防災施設が大雪防災ステーションだ。こんなに立派な施設であるにもかかわらず、つい先日までグーグルマップに出ていなかった。

そのため地図では場所が分かりづらいかもしれないが、実際に走れば明るい時間帯ならまず迷うことはない。道路の向かいには大雪湖が広がっている。

トイレは24時間使えて、すこぶるきれい。国道に面しているとはいえ、東大雪方面に行き来するクルマの量は少なく、夜も静かだそうだ。ただし周辺には自動販売機もなく、食料や飲料は事前に確保をしておく必要がある。

ここでの車中泊は、9月から始まる大雪山の紅葉シーズンがお薦めだ。

マイカー規制が敷かれる銀泉台へは、5キロほど先にある大雪レイクサイト・シャトルバスのりばを利用するが、レイクサイトの臨時駐車場は森に近く、ヒグマ出没注意の看板があるため、ここで泊まって早朝に移動する人もいる。

大雪レイクサイト・シャトルバスのりばの臨時有料駐車場。もっとも、北海道でいちいち「ヒグマ出没注意」の看板にビビっていたのでは、どこでも車中泊は出来ないと思う(笑)。

その証拠に、ほとんどの車中泊の旅人は、野生のヒグマと遭遇したことがないはずだ。

この日は銀泉台ではなく、高原沼の紅葉を見に出かけたのだが、稀に見る美しい朝焼けに恵まれた。

大雪防災ステーション 駐車場
【駐車台数】
約30台

【車中泊好適度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○
2.ゴミ箱の有無=なし ✕
3.入浴施設までの距離=10キロ以上 ✕
4.飲食・物販施設の営業時間=なし ✕
5.コンビニ・スーパーまでの距離=10キロ以上 ✕

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

大雪山の概要と見どころ
大雪山の概要と見どころ
大雪山の概要と見どころに関する記述です。
層雲峡の見どころと車中泊事情
層雲峡の見どころと車中泊事情
大雪山・黒岳の麓にある層雲峡の見どころと車中泊事情をご紹介。
黒岳 日帰り登山コースガイド
黒岳 日帰り登山コースガイド
層雲峡から大雪山・黒岳を日帰りで登山するコースの詳しいガイドです。
紅葉の大雪高原沼めぐり マイカー・アクセスガイド
紅葉の大雪高原沼めぐり マイカー・アクセスガイド
紅葉時期の大雪高原沼めぐりのアクセス方法と留意点に関する記述です。
紅葉の銀泉台 アクセス方法と留意点
紅葉の銀泉台 アクセス方法と留意点
紅葉時期の銀泉台へのアクセス方法と留意点に関する記述です。
旭岳・姿見散策コースの概要と駐車場事情
旭岳・姿見散策コースの概要と駐車場事情
旭岳ロープウェイで行く姿見散策コースの概要と駐車場事情です。
無料で見学するタウシュベツ川橋梁 マイカー・アクセスガイド
無料で見学するタウシュベツ川橋梁 マイカー・アクセスガイド
ツアーではなく個人でタウシュベツ川橋梁を見学するためのガイドです。
タイトルとURLをコピーしました