スポンサーリンク

うとろの温泉街に近くて1泊400円で泊まれる、国設知床野営場

キャンプ場・RVパーク
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

自然と利便性が共存するキャンプサイト

国設知床野営場はうとろのホテル街と同じ山の手地区にあり、敷地内に観光名所の夕陽台を持つ。うとろの市街にも近く、日帰り温泉も目と鼻の先だ。

でありながら、朝夕には野生の鹿がサイトに現れ、悠々と草を食む… 

利用者にはライダーやサイクリスト、あるいは外国人のバックパッカーも多く、低料金で世界自然遺産を体感できる知床らしいキャンプ場だ。

かつてのこのキャンプ場のトイレには、便座が大きく子供が落っこちそうなポットン便所しかなく、それが利用する際の一番やっかいな問題だったが、新しい管理棟が建ち、現在はその中に24時間利用できるキレイな水洗トイレがある。

ゴミ箱はヒグマでもこじあけることができないくらい頑丈な鉄柵となっており、寝る前にそこに捨てるようにしておけば、キタキツネにも荒らされずに済む。

近くに道の駅うとろ・シリエトクができて以降、サイトはいつもまばらで、隣をそう気にすることなく羽を伸ばせるようになっていた。もちろん道路からは離れているため、夜は本当に静かだ。

現在はテントキャンパー優先にシフト

以前は、ウトロでの車中泊は自炊をするならここ、しないなら道の駅という具合に両者をうまく併用できたのだが、最近はキャンパーの数にサイト数が追い付いていないらしく、車中泊やキャンピングカーはどんどん監理棟から遠く離れた場所に追いやられている。

キャンプ場への依存度を考えれば、バックパッカーやライダーのようなテントキャンパーを優先せざるを得ない事情はわかるが、やはり同じお金を支払っている以上、不公平感はぬぐえない。特に夏休みはそれが顕著になる。

とはいえ、利便性はこちらのほうが圧倒的に高い。

隣に建つ「夕陽のあたる家」には日帰り利用できるきれいな温泉がある。ちなみに共同温泉の「夕陽台の湯」は施設の管理が悪いので、筆者はこちらを利用している。

また道の駅に向かう途中には、セブンイレブンとコインランドリーもある。

【詳細データ】
国設知床野営場
【サイト数】
フリーサイト 約150張・オートキャンプ20台ほど
【営業期間】
6月下旬~9月末
【料金】
おとな一泊400円
チェックイン  11時~18時
チェックアウト 7時~11時
【トイレ】
管理棟内にきれいな水洗トイレ(24時間利用可)
【最寄の入浴施設】
ウトロ温泉・夕陽のあたる家
☎01522-4-2764
日帰り入浴の受付時間:15:00〜21:00
料金:大人(小学生以上) 600円(税別)

【車中泊好適度】
1.利用料金=施設内容とロケーションを考えると ◎
2.駐車場の平坦度=傾斜地が多い △
3.ゴミ箱の有無=あり ○
4.入浴施設までの距離=隣接 ○
5.コンビニ・スーパーまでの距離= セブンイレブンまで約1キロ ○

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

知床半島の車中泊スポット
一挙紹介!

タイトルとURLをコピーしました