スポンサーリンク

野付半島に近い低料金のオートサイト 尾岱沼ふれあいキャンプ場

キャンプ場

別海町営キャンプ場の1つで、野付湾の内側にある尾岱沼(おだいとう)に面しており、晴れた日は海岸から朝日を望むことができる。

ガイドブックの表記上はオートキャンプ不可だが、海側の通路沿いに車を停められるので、一部の場所はオートサイトのように使うことが可能だ。ただし、この位置はテントキャンパーにとっても一等地だけに、早い時間にチェックインしなければ、まず空いていないだろう。

ただし横づけなので、サイドオーニングのあるクルマにとっては都合が良いのだが、リアゲートキッチンは使いにくい。またこのスペースには、総じてなだらかな傾斜がある。

メインサイトの奥にも、駐車場と芝生のテントサイトがある。ここは野付湾との間に木が植えられているので、直接海は見えない。そのためテントを張る利用者は少ないようだ。

しかし、レイアウトは車中泊に適しており、専用のトイレと水場もあるので、静かに時間を過ごしたい人にはこちらがいい。

実は車外で食事をしている車中泊旅行者に、筆者がこのキャンプ場で一番お勧めしたいのが、こちらのバンガロー。4~5人用で1泊2500円というのはまさに「破格」の料金だ。寒い日や雨の日は、この中で食事をするだけでも負担が大きく軽減される。

ただしバンガローに最寄りの炊事棟はブヨが大量にいるので、要注意。Tシャツや髪の毛の上からでもガンガン噛んでくるので、できれば他の炊事棟を使う方がいいかもしれない。

近くの尾岱沼漁港で釣ったカレイ。

キャンプ場の先住民(笑)。

尾岱沼ふれあいキャンプ場

【サイト数】
フリーサイト 約100張り
入場料 大人300円、小人(小・中学生)200円/
サイト使用料 車中泊400円、キャンピングカー1台1泊500円
宿泊施設 バンガロー2500円・6500円

近くの尾岱沼シーサイドホテルには、野付湾を見渡せる露天風呂(日帰り入浴時間:13:00~20:00/入浴料金:大人¥500/電話:0153-86-2316)があり、キャンプ場から2.5キロほど行けば、温泉銭湯の浜の湯とセイコーマートもある。

なお、管理人が24時間常駐しているが、午後8時から翌朝7時まではゲートが閉鎖される。

野付半島の記事一覧

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました