スポンサーリンク

道東のベスト雲海スポット ハイランド小清水725・藻琴山展望駐車公園

無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

車中泊もできる、とっておきのビュースポット

阿寒国立公園北端に位置する標高1,000mの藻琴山中腹に、屈斜路湖に浮かぶ雲海の絶景スポットがある。

津別峠と同様、マイカーで雲海スポットまでアクセスできるうえに無料で、マイカーとともに豪快な雲海風景をファインダーに取り込むことも可能だ。

ハイランド小清水725は、小清水高原の駐車場に建つレストハウスのこと。ただし雲海が見られる時間帯は閉店中。このあたりは民間のトマムリゾートとずいぶん違う(笑)。

そのため早朝のビュースポットは、駐車場から130メートルほど森の中の遊歩道を進んだ先にある屈斜路湖展望台になる。

小清水高原の駐車場にはトイレがあり、藻琴山の登山口を兼ねていることから車中泊も可能だ。

勝負をかけるなら、ここで寝るのが一番いい。

また敷地内には「長命水」と呼ばれる名水が湧いており、無料でそれを汲むこともできる。

さて。現地に行ってみて分かったのは、雲海の展望地は少し離れて2ヶ所あるということだった。

藻琴山展望駐車公園は、屈斜路湖方面から行くと道道102号線の藻琴峠の手前にあり、東屋はあるがトイレはない。

また標高が430メートルしかないため、725メートルの高台にあるハイランド小清水725に比べると、さすがにパノラマ感は劣って見える。

だが、こうして望遠を効かせて雲海を撮る場合は、その近さがむしろ吉と出る。雲海の向こうに噴煙を上げる硫黄山がハッキリ見えたのはラッキーで、臨場感のある写真になった。

本州でも複数のアングルから雲海が撮影できる場所は少ない。

アクセスの良さを含めて、ここは北海道のみならず国内でも有数の雲海スポットと呼べるだろう。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました