スポンサーリンク

摩周温泉にある水郷公園は、車中泊OK?

無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

禁止なのはオートキャンプ。

水郷公園は、弟子屈にある(旧)道の駅・摩周温泉の釧路川を挟んだ対岸にある。上の写真の左が水郷公園、右が旧の道の駅・摩周温泉の駅舎だ。

2002年に筆者は偶然その存在に気づいたのだが、以降、お風呂も買出しにも便利で、適当に自然が残る静かなこの公園が、弟子屈周辺の車中泊スポットでは一番のお気に入りになっていた。

というのは、弟子屈の町は阿寒・釧路・根室・網走方面に通じる道東観光の要に位置しており、摩周湖までは15分、屈斜路湖でも30分ほどの好立地にある。

そのため、今も昔も各方面から車中泊の旅人が集結してくるのだが、2011年に移転しリニュアルオープンするまでの道の駅・摩周温泉は規模が小さく、夏は満車になることが多かった。

近くには高規格の桜ヶ丘森林公園オートキャンプ場もあるが、夕方から早朝までしか利用しない場合は、さすがにもったいなく思えた。

しかし、水郷公園は年を追うごとに車中泊のクルマが増え、荒れ始める。

2002年当時はこの公園にもゴミ箱が置かれていたが、2008年にはもうゴミ箱は見当たらず、2011年にはトイレに「キャンプ禁止(オートキャンプ含む)」の注意書きが貼られていた。

この写真は2016年の夏に撮影してきたもので、筆者の調査では最新になる。

もし今も注意書きがこのままなら、常識的には水郷公園での車中泊は可能だ。ただし、管理者が「車中泊とオートキャンプは別物である」と認識しているかどうかはわからないので断言はできない。

この看板は洞爺湖にある「噴水公園」の無料駐車場の入口に建てられたものだが、本気で車中泊を禁止するなら、このような記述になるだろう。

その意味からすれば、水郷公園は車外での炊事や食事を禁止しているのであって、車中泊そのものまで規制するつもりはないと受け取れる。

読者の中には「聞けばいい」と思っている人がいるかもしれないが、筆者はそうは思わない。安易な問い方は「深い思慮に基づかない、適当で無責任な答え」を誘発する可能性を秘めているからだ。

もしそうなれば、「本気で車中泊とオートキャンプの違い」を議論しなければならなくなるが、担当者を言い負かせば、さらに意固地になりかねない(笑)。

車中泊のようなマニアックな世界では、相手にほとんど知識も情報もないのだから、口論したところで最初から勝負は見えている。

ゆえにそういうことは、車中泊市場で利潤を得ている企業や団体が、慎重に対策を練り上げた上で、政府や行政の決裁権者相手に行うべき話だと思っている。個々の公園で、旅人と担当者が揉めたところでどうなる問題でもあるまい。

なので、もし注意されたら「車中泊はできると思ってました。ゴメンナサイ。」と素直に謝り、道の駅に移動しよう。相手にも落ち度はあるのだから、「次から気をつけてくださいね。」で済むに違いない(笑)。
道の駅 摩周温泉 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!
クルマ旅のプロがまとめた、弟子屈にある「道の駅 摩周温泉」の車中泊に関する記述です。

なお車中泊の定義については、こちらを参照してください。
https://kurumatabi.net/teigi/

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました