スポンサーリンク

弟子屈にある、お手頃価格の「桜ヶ丘森林公園オートキャンプ場」

キャンプ場・RVパーク
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

フリーサイトが安くてお勧め!

この地図を見ればよくわかるが、弟子屈(てしかが)は道東内陸部の中心に位置し、阿寒湖、釧路、屈斜路湖・摩周湖、さらには別海・根室方面を結ぶ主要幹線道路の「扇の要」を果たす場所にある。

つまりここに滞在すれば、東西南北どの方面に向かうにも便利がいい。

それゆえテントキャンパーの中には、ここを拠点にして周辺観光にでかける人も少なくない。高規格オートキャンプ場なので、個別シンクと電源がある区画サイト(プライベート・カーサイト)も用意されており、キャンピングカーなどで電源が必要な際にも重宝する。

筆者のお勧めは、こちらのひとり540円で利用できるフリーサイトだ。駐車場のすぐ後ろにテーブルとイスを広げることができるので、自炊派にはもってこいのレイアウトになっている。

もちろんゴミ箱も完備。弟子屈には道の駅摩周温泉や、水郷公園の無料駐車場もあるが、いずれもゴミの処分はできない。

屋根付きで広々とした炊事棟。もちろんトイレも水洗だ。

サイト料金ほかキャンプ場の詳細は、こちらのページで確認を。

なお食材やお酒は、クルマで5分ほどのところにある北海道のローカルスーパー「フクハラ摩周店☎0154-82-2318」で手に入る。

温泉は近くに渋い銭湯もあるが、女性が行きやすいのは道の駅の近くにあるペンションBiraoが経営する「ビラオの湯」だろう。

ビラオの湯
☎0154-82-2979
10時~20時30分・無休
大人400円 

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました