スポンサーリンク

道東の秋の風物詩。北の大地を真紅に染め尽くす、能取湖卯原内のサンゴ草

サロマ湖・網走

いくら北海道の紅葉が早いと云っても、9月から色づくのは大雪山系くらいのもの。平地で本格的な紅葉狩りが楽しめるようになるのは、10月中旬以降になる。

だが北海道には、ナナカマドやブナが色づく森林、またイチョウやカエデが植えられた公園よりも一足先に、見渡す限りの大地を真っ赤に染め尽くす紅葉がある。

今日はその景勝地と、主役のサンゴ草を紹介しよう。

「日本一」の看板が立てられ、観光バスツアーも訪れる能取湖(のとろこ/のとりこ)卯原内(うばらない)のサンゴ草群生地。

ここでは1980 年頃から栽培実験を行い、人工湿地でその群落を拡大してきた。

だが2010 年の湿地整備失敗で、サンゴ草は壊滅状態に陥る。

しかし、その後の懸命な努力により、サンゴ草の群落は再生に向かい、2014 年には約6 割、そして2015 年には復活宣言をするまでに至っている。

[ad#ad-1]

サンゴ草とは…

9月下旬に赤く染まるサンゴ草は、塩分の多い湿地に生える一年草で、最初に厚岸湖で見つかったことから、正式には「アッケシソウ」と呼ぶが、見た目がサンゴに似ていることからサンゴ草の名で親しまれている。

北海道以外では宮城県、愛媛県、香川県の塩田跡地で生育が確認されているが、いずれも塩田跡地の開発によって壊滅に近い状況とされる。

そのため、このような景観が見られるのは北海道だけで、それも限られた場所でしかない。環境省のレッドデータブックには、近い将来に絶滅の危険が高い種 (EN)として掲載されている。

卯原内の無料駐車場は舗装され、きれいなトイレも用意されている。

〒093-0135 北海道網走市卯原内 現地☎なし
※カーナビ設定の目印は、かがり屋(☎0152-47-2301)

その他の群生地

サンゴ草が見られる地域は、オホーツク海沿岸の紋別市〜網走市までの範囲に限られているが、能取湖を除けばその大半はサロマ湖周辺に集中している。卯原内群生地に次ぐ規模とされているのは、左の写真のサロマ湖南東「キムアネップ岬」の群生地だが、面積、群生数ともに卯原内のほうが上回っている。

アクセスは佐呂間町浜佐呂間から道道858号線でキムアネップ岬方面に進むと、岬の根元に群生地がある。駐車場からは木道の散策路が続いており、足場はいい。

網走周辺の記事 一覧

オホーツク・ライン 全記事リスト

小清水・清里の記事一覧 

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました