スポンサーリンク

礼文島のお勧めドライブスポット 桃岩展望台と地蔵岩

ネイチャーフィールド
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「桃岩展望台コース」へは、クルマを使うほうがいい。

「桃岩展望台」は麓に駐車場があり、クルマで行くことが可能だ。

展望台からは利尻島と桃岩、猫岩がよく見え、団体ツアー客でいつも賑わっている。また、そこからは個々の体力に応じたハイキングができる。

ハイキングコース最大の見どころは、桃岩展望台と元地灯台の中間にある「つばめ山」からの景観だ。

コースの中間点にあたる元地灯台付近。灯台はたいしたことがないが、礼文島でもっとも利尻富士が綺麗に見えるのはこのあたりになる。

ただ4時間コースを歩いた人、あるいは歩く予定の人は、ここで引き返してもかまわない。徒歩で来た人はコース通りに知床に向かえばバス停があるが、集落に近づくにつれて自然の景観はなくなる。
実は礼文島の南部には、このハイキングコースとは別に、「地蔵岩」という名所がある。ゆえにクルマがある人には、「桃岩展望台」から上のマップのブルーラインで「メノウ浜」を目指すのがお勧めだ。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

地蔵岩へのドライブ

「地蔵岩」は「メノウ浜」の最深部にある。メノウ浜は、パワーストーンの「めのう石」が拾えたことで名を馳せたが、それは昔の話だ。

今は業者が拾い尽くしているので(笑)、観光客が探してもまず見つからない。またビーチとしても、さして美しいわけではない。ここで着目すべき場所は、奥の岩山の手前だ。

「桃岩」「猫岩」とともに礼文三大奇岩と呼ばれ、映画「北のカナリアたち」にも登場する地蔵岩は、高さ約50メートルの巨岩で、海から見ると手を合わせた地蔵に見えることから、その名がついたという。

かつては「愛とロマンの8時間コース」のルートに組み込まれており、サンセットタイムにはこんな情景に出会うこともできた。

しかし残念なことに、現在は落石の危険があるため、地蔵岩に到る海岸が通行禁止になっている。またそれに連動して「愛とロマンの8時間コース」はなくなり、4時間コースに短縮された。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました