スポンサーリンク

東大沼キャンプ場 車中泊利用満足度チェック!

キャンプ場・RVパーク
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「東大沼キャンプ場」は車中泊もできるが、基本はライダーやサイクリストなどテント泊向きの施設。

東大沼キャンプ場

「東大沼キャンプ場」の施設

東大沼公園キャンプ場」は、オートキャンプこそできないが、大沼湖の湖畔に面した絶好のロケーションにある無料のキャンプサイトで、水洗トイレと炊事場を完備している。

東大沼キャンプ場

水洗トイレ。

東大沼キャンプ場

炊事棟。

東大沼キャンプ場

車中泊にはこのフラットで広い駐車場を利用する。

東大沼キャンプ場

ただし道の駅と違って、使い方のルーズな人が「なきにしもあらず」(笑)。

この光景を見て感じることには個人差があると思うが、ここは車中泊を含めてキャンプをするだけがやってくることを思えば、管理人から咎められない範囲までは、道の駅イコールでなくてもいいように筆者は思っている。

東大沼キャンプ場 詳細サイト

「東大沼キャンプ場」のロケーション

道の駅 なないろ・ななえ

2018年に「道の駅なないろ・ななえ」ができるまで、「東大沼公園キャンプ場」は函館に近い無料の車中泊スポットとして、北海道を訪れる旅人によく知られた存在だった。

なぜなら、それまでは函館の近くに泊まるには、ここか「道の駅 なとわ・えさん」しか選択肢がなかったからだ。

だが2020年現在は、車中泊での利用者は激減していると思う。

東大沼キャンプ場

自炊をしながら北海道を旅する人や、テントキャンプを併用する人、あるいは友人らと泊まりたい人は別として、単に車中泊の旅の宿を求めるのなら、ここに限らず道の駅のほうが便利で快適に決まっている。

その当たり前の「方程式」が、ようやくここにも適用され、棲み分けができるようになっているのだから、何も嫌な思いをしてまで無理に車中泊をする必要はない。

東大沼キャンプ場

ただいくら北海道といえども、絶景や静けさといった自然環境と、人工的な利便性を同時に望むのは無理、であることも理解しておこう。

「東大沼キャンプ場」最寄りの温泉

東大沼温泉 留の湯

約6キロ・クルマで10分
☎0138-67-3345
大浴場:大人400円
9時~20時・水曜定休

コンビニは約7キロのところにセブンイレブンとセイコーマートがあるが、スーパーは函館市街まで行かないとない。

東大沼キャンプ場

なお、「東大沼公園キャンプ場」の前にある北川商店に、コインシャワーとコインランドリーがある。またここでは軽食が食べられるほか、キャンプ用品や食糧品、酒類も販売している。

「東大沼キャンプ場」アクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました