スポンサーリンク

湯の峰温泉にある、世界遺産温泉「つぼ湯」のスマートな入湯法

噂の秘湯・名湯/入湯レポート

湯の峰温泉の「つぼ湯」が、これほど脚光を浴びるようになったのは、2004年に世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素に認定されたからに他ならない。「この世にひとつしかない、入湯可能な世界遺産の温泉」と聞けば、日本のみならず世界中の温泉ファンがやってくるのは当然だ(笑)。

その「つぼ湯」は、小さな天然の岩風呂を木の板で囲んだ、30分交代制の男女混浴の貸切風呂で、公衆浴場の料金所でひとり770円を支払い、番号札を受け取って自分の番が来るのを待つ。

営業時間は朝の6時から夜9時半まで。すなわち、1日最大31組しか入浴できない計算だ。しかも到着時に先約が2組がいれば、もうその段階で1時間以上の待ち時間が確定する。

それを知らずに初めて筆者が「つぼ湯」を訪ねた時は、なんと先約が6組! まさに撃沈(笑)。「予習」がいかに大事であるかを学んだのはその時だった。

そしてリベンジ。今度は「見事に待ち時間30分」で入湯に成功した。というわけで、その時にとった筆者のスマートな作戦をここで紹介しよう。

 

[ad#ad-1]

 

 

まず、受付が早朝6時から始まるので、宿の宿泊客に出遅れないためには「前泊」が不可欠だ。幸い、湯の峰温泉には車中泊に適した無料の駐車場がすぐ近くにある。

しかし大事なのは、この後。なぜ先ほど「見事に待ち時間30分」と書いたのかが、これからわかる。

「つぼ湯」は岩底から源泉が湧き出している。

ということは、前日の営業終了後から、何時間も湯温を調節する人のなかった「一番風呂」は、かなり熱いに決まっている。となると、30分の貸し切り時間中に水を入れ、入浴できる温度にするまで、嫌でもロスタイムを食らうハメになる。

ならば、それは「一番風呂の名誉」とともに、他人に譲ろう(笑)。

「つぼ湯」の「栄えある入湯順位」は、前の人が身を削って調節してくれた「いいお湯」を、制限時間いっぱい楽しむことができる2番である。

というわけで、とりあえず一番最初に券売所の前には来て、次の人に先を譲り、ちゃっかり「いいとこ取り」をいたしたまえ(笑)。

なお、つぼ湯に入れば公衆浴場の「一般湯」か「くすり湯」のどちらかに入浴することができる。朝早い時間なら、一度クルマに戻って朝食を食べても、まだ日帰り客がやってくるまで十分に時間はあるはずだ。

泉質等の詳細は、引き続き以下のページでお楽しみくだされ。

湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯の正体とは…

湯の峰温泉公衆浴場・つぼ湯  オフィシャルサイト

 

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら

熊野本宮温泉郷ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

グルメ&観光事情

入湯レポート一覧

全記事リスト

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました