スポンサーリンク

湯崎七湯の砿湯(まぶゆ)を引く、白浜の由緒高き共同温泉「牟婁(むろ)の湯」

崎の湯とともに「湯崎七湯」の名残を残す共同浴場で、ナトリウム-塩化物泉の「砿湯(まぶゆ)=茶色」と、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉の「行幸湯(みゆきゆ)=透明」を引き湯し、2つの浴槽に注いでいる。ともにかけ流しだが、高温のため加水はしている。

一度で二つの源泉が楽しめることから、リピーターの中には「崎の湯」ではなく、こちらに通う人も少なくない。最近は冬に白浜温泉に出かけることが多い筆者も、その中のひとりである。

ところで、文献によると湯崎温泉は飛鳥・奈良時代には「牟婁の温湯」あるいは「紀の温湯」と呼ばれ、湯崎七湯に数えられる「崎の湯」と「砿湯(まぶゆ)」は、その中で最も歴史が古いといわれている。

だが観光資料を見ると、湯崎七湯の外湯で現在利用できるのは「崎の湯」と、「弁婁の湯」になっており、砿湯の文字は見当たらない。また逆に、湯崎七湯の中に「弁婁の湯」も見当たらないのだ。

これって、どうこと?

そこで調べてみると、「牟婁の湯」は、砿湯(まぶゆ)の源泉からお湯を引いている後世に作られた「日帰り温泉施設」であることが分かった。つまり、きちんと説明するとこういうことだ。

●牟婁の温湯=奈良時代の湯崎温泉全体の総称
●砿湯=湯崎七湯の1つだが、現在は源泉しかなく入浴はできない
●牟婁の湯=砿湯のお湯を引いた、代わりの日帰り温泉施設

これを調べて理解するのにすいぶん時間を費やしてしまった… 実にややこしい話で、旅人を惑わすネーミングである(笑)。

 さて。海岸に自然湧出していた湯崎温泉は、江戸時代に湯治場として発展する。
当時は陸路が整備されておらず、現在の田辺市から舟で来ることが多かったという。大正時代まではこの源泉場所に浴槽を掘り、下に石を敷き詰めただけの原始的な共同浴場だったそうだが、明治20年に紀州航路が開設され、大阪から直接白浜へのアクセスが容易になったことで、湯崎温泉は広くその名を知られるようになったという。

こちらが「牟婁の湯」の外観。建物の前は一方通行なので、入口にある無料駐車場に停めるには、崎の湯方向からアクセスしなければならない。しかも駐車場は5台ほどで満車になる。

満車時はすぐ近くのフィッシャマンズワーフの駐車場へクルマを置いて歩こう。なお、海水浴シーズンでなければ、白良浜の前にある無料駐車場にクルマを置いて歩くのが一番利口だ。

【施設概要】
●所在温泉地 :白浜温泉
●業態 :共同温泉
●泉質 :ナトリウム-塩化物泉、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
●お湯:源泉かけ流し
●お風呂:内湯男女各1
●休憩スペース :なし
●飲食施設:なし
●駐車場 :あり(約5台・無料)
●シャンプー・石鹸等:なし
●ドライヤー:なし

【利用データ】
1. 営業期間:通年
2. 営業時間:7時~21時30分(閉館22時)
3. 定休日:火曜
4. 入浴料:大人420円・小学生140円・幼児(0歳~)70円

 

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら

南紀白浜温泉ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

 車中泊スポット一覧

グルメ&観光事情

 車中泊旅行者にお勧め!といえる、南紀白浜の見どころ・まとめ

 南紀白浜でクエ鍋を安く食べる3つの方法

グルメ・特産品一覧

有馬温泉の入湯レポート一覧

 「南紀白浜温泉 湯めぐり札」の魅力と上手な使い方

全記事リスト

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました