福地温泉の昔ばなしの里 にある「石動(いするぎ)の湯」と「五平餅村」

石動の湯 温泉入湯レポート
スポンサーリンク
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
失敗しないための、車中泊温泉旅行ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、北海道から九州まで車中泊で出かけたい全国の温泉地ガイドの決定版。

一時休館していたが、2018年12月から営業再開。

石動の湯

「昔ばなしの里 」の敷地にある「石動の湯」は、「ほっこり」という言葉が似合う福地温泉唯一の共同浴場だ。

福地温泉は平安時代に村上天皇が湯治に訪れたという入湯伝説があり、その名残として「天皇泉」の名前が残る。

奥飛騨温泉郷の中でも結束力の堅い温泉地で知られ、石動の湯は各旅館の浴室が清掃中でも、連泊客が温泉を楽しめるようにとの配慮から共同運営されている。

石動の湯

こちらは内湯。ザーでもチョロでもなく、まさに「ええ塩梅」で注がれるお湯の音に、不思議なくらい癒やされる(笑)。

掛け流される源泉からは、ゆで卵の匂いが感じられた。

石動の湯

かけ湯を溜めた四角い桶の前にはシャンプーとボディーソープが置かれている。

この湯でカラダを洗えということだが、古い温泉にはたまにこういう洗い場が残る。これもまた風流といえば風流だ。

実は共同浴場「石動の湯」と写真の「五平餅村」は、一時期「休館」になっていたのだが、2018年12月から再び営業を再開している。

五平餅村

こちらは中でつながっている「五平餅村」の休憩と食事ができる部屋。

五平餅村

囲炉裏(いろり)が置かれ、五平餅や酒の肴が注文できる。ここでは多少贅沢をして、泊り客になったような気分を味わってみたい。

五平餅村

いかにも奥飛騨に来た~!みたいな(笑)。ただ、営業再開後は岩魚はメニューから消えているようだ。

五平餅村 詳細ページ

福地温泉朝市

なお専用の駐車場もあるが、福地温泉朝市の駐車場にクルマを置いて、寄り道しながらぶらぶら歩いて行くほうがおもしろい。いろんな面で、ここはリピートしたくなる温泉であることに間違いない。

福地温泉朝市 詳細ページ

〒506-1434岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地
☎0578-89-2793

●泉質 :単純温泉
●お湯:源泉かけ流し
●お風呂:内湯男女各1、露天風呂男女各1
●休憩スペース :あり

●飲食施設:あり
●駐車場 :あり(約20台・無料)
●シャンプー・石鹸等:あり(無料)

●ドライヤー:なし

1. 営業期間:通年
2. 営業時間:10時~16時45分(閉館17時)
3. 定休日:水曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
4. 入浴料:大人500円、小人(1歳~小学生)300円

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
車中泊旅行者にとっての、奥飛騨温泉郷の居心地度を独自の観点からチェックしています。
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
個人旅行客が知りたい奥飛騨温泉郷の情報を詳しく紹介しています。
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
これまでに奥飛騨温泉郷で入湯した共同温泉ほかのレポートです。
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
クルマ旅のプロが解説する、奥飛騨温泉郷の車中泊事情と車中泊スポット情報です。
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころを、クルマ旅のプロが解説しています。
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
これまで取材してきた、奥飛騨温泉郷に関するすべての記事の一覧です。
タイトルとURLをコピーしました