道の駅奥飛騨温泉郷上宝から近いお勧めの日帰り温泉は、「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」

奥飛騨ガーデンホテル焼岳 温泉入湯レポート
スポンサーリンク
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
失敗しないための、車中泊温泉旅行ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、北海道から九州まで車中泊で出かけたい全国の温泉地ガイドの決定版。

値下げが功を奏し、「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」自慢の「うぐいすの湯」が評判に。

奥飛騨ガーデンホテル焼岳

「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」は、新平湯温泉の入口にあるクマ牧場を通過したすぐ先で国道を左折し、福地温泉に向かう途中にある巨大なホテルで、外壁に大きく書かれた焼岳の文字が目印だ。

以前は2,000円だった日帰り入浴料金が700円に下がり、今や奥飛騨温泉郷ではトップクラスの人気を誇る。

奥飛騨ガーデンホテル焼岳

このホテル一番のお目当ては、ミネラルと各種ビタミンが含まれた国内唯一の超深層水温泉が注がれる、混浴露天風呂の「うぐいすの湯」だろう。湯船はかなり広く、場所によって温度差がある。

奥飛騨ガーデンホテル焼岳

その湯殿は男女別の露天風呂のさらに外にあり、専用の「湯浴み」を着用するため、家族やグループではいることもできる。

奥飛騨ガーデンホテル焼岳

さらに混浴エリアには「瀑泉洞」と「うたせの湯」があり、開放感は抜群だ。

奥飛騨ガーデンホテル焼岳

こちらは「日光の湯」と名付けられた男性用の露天風呂。焼岳には混浴エリア以外にも男女別の内湯、露天風呂、立ち湯・寝湯が用意されている。

ホテルとしては明らかに「団体ツアー」向きなので、宿泊するのはどうかと思うが、特に希望する温泉館はなく、奥飛騨温泉郷で1軒だけどこかの温泉に入りたいという中高年には、子連れ客の多い「ひらゆの森」より、静かで趣のあるこちらの方が、コスパの面でもお勧めだと思う。

また道の駅から比較的近いのも魅力だ。

なお、日帰り客用の駐車場は、別途ホテルに下る途中にあるので、通り越さないように気をつけよう。

奥飛騨ガーデンホテル焼岳 オフィシャルサイト
〒506-1432岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2498-1
☎0578-89-2811

【利用データ】
1. 営業期間:通年
2. 営業時間:12時~21時(閉館22時)
3. 定休日:無休(ゴールデンウィーク・お盆・年末年始は日帰り入浴の出来ない時間帯があり)
4. 入浴料:大人700円・3歳未満は無料
 ●泉質 :ナトリウム炭酸水素塩泉
●お湯:源泉かけ流し
●お風呂:内湯男女各1、露天風呂男 2 女 2 混浴 3
●休憩スペース :なし
●飲食施設:なし
●駐車場 :あり(約20台・無料)
●シャンプー・石鹸等:あり(無料)
●ドライヤー:あり(無料)

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
車中泊旅行者にとっての、奥飛騨温泉郷の居心地度を独自の観点からチェックしています。
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
個人旅行客が知りたい奥飛騨温泉郷の情報を詳しく紹介しています。
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
これまでに奥飛騨温泉郷で入湯した共同温泉ほかのレポートです。
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
クルマ旅のプロが解説する、奥飛騨温泉郷の車中泊事情と車中泊スポット情報です。
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころを、クルマ旅のプロが解説しています。
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
これまで取材してきた、奥飛騨温泉郷に関するすべての記事の一覧です。
タイトルとURLをコピーしました