奥飛騨温泉郷の蒲田川脇に湧く混浴露天風呂 「新穂高の湯」

新穂高の湯 温泉入湯レポート
スポンサーリンク
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
失敗しないための、車中泊温泉旅行ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、北海道から九州まで車中泊で出かけたい全国の温泉地ガイドの決定版。

「新穂高の湯」は、奥飛騨温泉郷のランドマーク

新穂高の湯

奥飛騨温泉郷の最深部にあたる新穂高温泉には、北アルプスに通じる「新穂高ロープウェイ」の駅があり、昔から登山客やスキー客に親しまれてきた。

そのロープウェイ駅に向かう県道475号に沿って流れる蒲田(がまた)川には、川底付近から温泉が湧き出す場所が幾つかある。「新穂高の湯」はその中のひとつで、旧中尾橋下の河畔に位置している。

新穂高の湯

天然の巨石で囲まれた直径約10メートルの湯船は、底から温泉が滲み出ており、場所によって熱さが異なる。もちろんお湯は完全なる掛け流しで、水道栓もここにはない。

なお、混浴だがご覧の通り橋から湯殿は丸見えで、女性は水着の着用が不可欠だ。またハイシーズンはファミリーで賑わう温泉プールに近い状況になる。

新穂高の湯のアクセスと駐車場

新穂高の湯

「ゆ」と書かれた大きな暖簾の手前に、写真の公共無料駐車場がある。
〒506-1421岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
現地電話なし。カーナビ設定時の目印は、ひがくの湯(☎0578-89-2855)

新穂高の湯の脱衣場と料金箱

新穂高の湯

脱衣場は男女別だが湯殿は混浴。料金は前の寸志箱へ入れる。相場は300円程度とされているが、清掃してくれている地域の人の手間や、それに要する諸経費を考えればそれでも安いと思う。

なお、お釣りは出ないので小銭を用意して出かけよう。

1. 営業期間:4月下旬~10月31日
2. 営業時間:8時~21時
3. 定休日:営業期間中無休(増水等の場合臨時休業有)
4. 入浴料:300円程度(清掃協力金)
※ 連絡先☎0578-89-2458(奥飛騨温泉郷総合案内所)

【施設概要】
●所在温泉地 :新穂高温泉
●業態 :日帰り温泉施設
●泉質 :単純温泉
●お湯:源泉掛け流し
●お風呂:混浴露天風呂
●休憩スペース :なし
●飲食施設:なし
●駐車場 :徒歩圏内に公共の無料駐車場あり
●鍵付きロッカー:なし
●シャンプー・なし(使用不可)
●ドライヤー:なし

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
車中泊旅行者にとっての、奥飛騨温泉郷の居心地度を独自の観点からチェックしています。
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
個人旅行客が知りたい奥飛騨温泉郷の情報を詳しく紹介しています。
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
これまでに奥飛騨温泉郷で入湯した共同温泉ほかのレポートです。
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
クルマ旅のプロが解説する、奥飛騨温泉郷の車中泊事情と車中泊スポット情報です。
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころを、クルマ旅のプロが解説しています。
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
これまで取材してきた、奥飛騨温泉郷に関するすべての記事の一覧です。
タイトルとURLをコピーしました