日本の原風景にタイムスリップ。源泉かけ流しの共同温泉「平湯の湯」

平湯の湯 奥飛騨温泉郷
スポンサーリンク
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
失敗しないための、車中泊温泉旅行ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、北海道から九州まで車中泊で出かけたい全国の温泉地ガイドの決定版。

共同温泉「平湯の湯」は、保湿成分のメタケイ酸が豊富で女性にお勧め。

平湯の湯

「平湯の湯」は、合掌づくりの資料館「平湯民俗館」に併設している源泉掛け流しの野趣あふれる温泉で、平湯温泉街にある4つの「日帰り入浴施設」の中のひとつだ。

料金は寸志といいつつ、相場は300円になっている。もちろんそれでも、奥飛騨温泉郷の中で一番安い浴場であることに違いはない。

平湯の湯

湯殿は露天風呂のみだが、雰囲気は抜群。

男湯は10人ぐらいは入れそうな大きさだ。お湯は鉄分を含んでいるため、やや緑がかった黄土色をしている。

筆者の記憶では、ほどよい熱さでヌメリ感はなかったのだが、他のサイトでは「熱い」という記述が目立っている。

pH値は6.8と中性ながら、メタケイ酸の含有量は166ミリグラムとまずまず豊富。湯上がりの保湿感は良さそうだ。

平湯の湯

実は筆者がこの温泉に入湯したのは2008年。まだ民俗館の入館料込み500円だった時代だ。

このサイトに掲載している温泉レポートは、大半が入湯5年以内のものなのだが、「平湯の湯」には未だリピートできていない。ただ450年前からあるという平湯温泉なので、10年くらいで大きく変わることはあるまい(笑)。

ちなみに、理由はここが良くないからではなく、他に行かなければならない温泉が多すぎるから(笑)。

当時の印象はすこぶるいい。近くの「神の湯」と源泉は違うようだが、泉質は似ており、閉館中はこちらに足を運ぶといいだろう。
平湯温泉発祥の地「神の湯」入湯レポート
奥飛騨温泉郷・平湯温泉にある日帰り温泉「神の湯」に関する記述です。

平湯の湯
〒506-1433岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉
現地電話なし
問い合わせ先 ☎ 0578-89-3030(平湯温泉旅館協同組合)
1. 営業期間:4月中旬~11月15日
2. 営業時間:夏期6時~21時・冬期8時~19時
3. 定休日:不定休
4. 入浴料:寸志(300円程度)
【施設概要】
●泉質 :ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
●お湯:源泉かけ流し
●お風呂:露天風呂男女各1
●休憩スペース :あり(平湯民俗館)
●飲食施設:平湯民俗館に軽食の食堂あり
●駐車場 :あり(約8台・無料)
●シャンプー・石鹸等:なし
●ドライヤー:なし

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
車中泊旅行者にとっての、奥飛騨温泉郷の居心地度を独自の観点からチェックしています。
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
個人旅行客が知りたい奥飛騨温泉郷の情報を詳しく紹介しています。
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
これまでに奥飛騨温泉郷で入湯した共同温泉ほかのレポートです。
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
クルマ旅のプロが解説する、奥飛騨温泉郷の車中泊事情と車中泊スポット情報です。
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころを、クルマ旅のプロが解説しています。
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
これまで取材してきた、奥飛騨温泉郷に関するすべての記事の一覧です。
タイトルとURLをコピーしました