スポンサーリンク

但馬の城崎温泉・概要 ~温泉街はひとつの旅館、道は廊下、お風呂は外湯~ 

温泉地の概要と車中泊事情

城崎温泉の歴史は平安時代に遡り、外湯の1つである鴻の湯には、舒明天皇(在位629年-641年)の時代に、コウノトリが傷を癒したという伝説が残る。

柳が映える大谿川の橋梁群からは、歴史と情緒が感じられ、風情を大切にする温泉宿の心遣いは、浴衣や下駄といった和装の中に今も息づいている。

抜群の知名度と京阪神からのアクセスの良さにもかかわらず、歓楽色の少ない閑静な佇まいを守り続けてきた背景には、町ぐるみで外湯をめぐるお客様をもてなしてきた伝統がある。

志賀直哉をはじめ、島崎藤村や与謝野晶子、有島武郎、柳田国男といった文人達も、この地をこよなく愛してきた。

城崎温泉の名物「下駄奉納板」。ここには城崎温泉の旅館の下駄が飾られており、年に一回、新しいものに付け替えられ、古くなった下駄は城崎温泉まつりの際に供養される。 

まずは「城崎」を上手に楽しむための情報から

城崎温泉には、お得なクーポン券ある。

ツアー旅行で行く場合は、ガイドさんがそれを教えてくれるので心配ないと思うが、個人旅行では貴方がツアーコンダクターとなる。そこで、まずは資料と、お得な情報を揃えることから始めよう。

写真の「ゆかたとかにの王国」パスポートは、城崎町文芸館にある城崎温泉観光協会で販売している。

きのさき温泉観光協会 公式サイト
このサイトから マップや観光パンフもダウンロードできる。

1200円で、終日城崎温泉の外湯が入り放題になる?

車中泊には、1200円の「1日ぐるっと、入り放題 城崎温泉外湯めぐり券」がお勧めだ。ちなみに7つの外湯を全館利用すると、最大で4600円になる。券は各外湯で購入できるので、最初に申し出よう。

ただし各外湯は平日に定休日をばらして設定しており、全てに入湯できるのは土日だけだ。

狙え! 外湯めぐりのプレミアム・アイテム

城崎温泉には、毎日各外湯で最初のお客様だけがもらえる「一番札」があり、温泉ファンなら、ぜひ手に入れたいと思う代物だ。

宿の朝食時間の制約を受けない我々は、このプレミアム・アイテムが狙いやすい。確率が高いのは、すぐ前の駐車場で車中泊ができる鴻の湯。それでも確実にゲットするには、開湯の30分前には並ぶ必要がある。

城崎温泉 車中泊旅行ガイド 目次

城崎温泉の概要

外湯めぐりの秘訣と入湯レポート

城崎温泉街の見どころと食べどころ

城崎温泉周辺の見どころ

城崎温泉の駐車場&車中泊事情

車中泊スポット一覧 

全記事リスト

城崎温泉を含む、但馬全域の情報はこちら

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました