スポンサーリンク

そぞろ歩きが楽しい城崎の温泉街

グルメ&観光事情

城崎温泉は一度到着すれば、移動手段としてのクルマは不要だ。木造の建物が軒を連ね、「そぞろ歩き」が楽しい温泉街を有している。

食事と買物には、賑やかな「駅通り」と「湯の里通り」が適しているが、風情が感じられるのは、大谿(おおたに)川沿いの柳並木と木屋町通り、そして温泉寺の周辺だろう。

文人墨客に愛された城崎には、24もの記念碑が建ち、湯冷ましがてらにそれらを見てまわる人も多い。

城崎温泉街界隈の見どころ

城崎温泉観光協会がある城崎町文芸館。

隣に無料駐車場があるので、最初に立ち寄って温泉街の詳細マップなどを手に入れよう。なお文芸館の入場料は、おとな400円。隣接して志賀直哉の記念碑もある。

「鴻の湯」の向かいにある薬師公園ポケットパークには、城崎温泉の元湯をひく足湯や、茹でたての温泉卵や城崎ジェラードが食べられる店がある。

城崎温泉街の一番奥にある温泉寺は、城崎温泉を開いた道智上人により、738年(天平10年)に開創された古刹だ。

湯の里通りに面した「つたや旅館」の前には、長州藩士の桂小五郎(後の木戸孝允)が、禁門の変に破れた後、一時期この城崎温泉に身を潜めていたことを記した石碑があり、歴史作家・司馬遼太郎も取材でこの宿に逗留している。

関連記事:桂小五郎とつたやの詳細記事はこちら

城崎温泉街界隈の食べどころ

まずはインターネットの口コミ情報でも比較的評判の良い、「おけしょう鮮魚海中苑」を紹介しよう。

店は駅前通りに少し離れて2軒ある。いずれも1階では鮮魚を販売しており、人だかりになっているのですぐにわかるはずだ。ただし閉店時間が18時と早いので、夕食に利用するには難しいかもしれない。

おけしょう鮮魚海中苑の詳細ページはこちら

そこでもう一軒紹介しておこう。湯の里通りの御所の湯近くにある「をり鶴」は、ガイドブックでもよく紹介されている食事処だ。本来は寿司屋だが、定食もやっており、夜も比較的リーズナブルなプライスで楽しめる気さくなお店だ。

「をり鶴」の詳細ページはこちら

最後にユニークなデザートをご紹介。
ロープウェイ乗り場の手前にある「城崎ジェラードカフェchaya」では、自分の好みの硬さに茹でた温泉卵を、こんなふうに食べられる。

城崎ジェラードカフェchayaの詳細ページはこちら

城崎温泉 車中泊旅行ガイド 目次

城崎温泉の概要

外湯めぐりの秘訣と入湯レポート

城崎温泉街の見どころと食べどころ

城崎温泉周辺の見どころ

城崎温泉の駐車場&車中泊事情

車中泊スポット一覧 

全記事リスト

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました