スポンサーリンク

三朝温泉の「河原風呂」は、三徳川河畔に湧く無料の混浴露天温泉

塩原温泉「もみじの湯」・下呂温泉「噴泉池」・長湯温泉「ガニ湯」など、名のある温泉地の町中を流れる河畔には、「名物」あるいは「シンボル」と呼ばれる露天風呂が残されているが、三朝温泉の「河原風呂」もそんなおゆ場のひとつだ。他と同じく「開けっぴろげ」で、昔ながらの温泉風情をムンムンと漂わせている。

河原風呂は「三朝橋」のたもとにあり、橋からはご覧のとおり丸見えだ。よしずで囲われているとはいえ、脱衣場は男女兼用で、水着はおろか女性のバスタオル巻も禁止というのだから、明るい時間帯にここに入湯するには男といえども勇気が要る。

ましてや若い女性がいれば、なおさら目のやり場に困る(笑)。

「河原風呂」にさしたる執着心がない人は、温泉に入りたければ、すぐ近くに公衆浴場「たまわりの湯」がある。

河原風呂へのアクセスは徒歩が無難で、写真の1時間まで無料、以降30分毎100円(最大24時間1,000円)で利用できる、「三朝温泉多目的駐車場」にクルマを置いて行くのが無難だ。

ただ、早朝や深夜の営業時間外であれば、すぐ近くにある「たまわりの湯」前の駐車スペースを利用することも可能だろう。

なお、「河原風呂」へ降りる階段は、「たまわりの湯」の前に建つ、この「三朝小唄の像」の横にある。

河原風呂
〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町三朝温泉内 電話:現地なし 0858-43-0431(三朝温泉観光協会)
●入浴料 無料
●営業時間:24時間
●休業日: 奇数日の午前中
●営業期間: 通年

場所は、たまわりの湯のすぐ近く。カーナビはそこにあわせればいい。

三朝温泉ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

入湯レポート一覧

車中泊スポット 一覧

全記事リスト

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました