スポンサーリンク

行く価値あり! 日本三大美肌の湯「斐乃上温泉(ひのかみおんせん)」

島根県仁多郡奥出雲町にある「斐乃上温泉」は、佐賀県の「嬉野温泉」、栃木県の「喜連川温泉」とともに、中央温泉研究所と藤田聡氏が選出した「日本三大美肌の湯」のひとつだが、ヤマタノオロチ伝説のスサノオが降臨したと伝えられる船通山(せんつうざん)の麓にあり、「道の駅湯の川」から筆者お勧めの「民宿たなべ」までは、約55キロ・1時間10分ほどかかる。行くと、もはや「秘境」と呼んでもやぶさかではないことが分かる場所だ(笑)。

ちなみに「日本三大美肌の湯」は、「日本三大美人の湯」と違って「信用度」は高く(笑)、「斐乃上温泉」のお湯はその名に違わぬ名湯だ。両者の違いはこちらのページに詳しく明記しているので、興味があれば後ほど参考に。

さて。「神話の国」だけに、湯の川温泉同様、斐乃上温泉にも女神様の伝説が残されている。写真の姫様は、スサノオがヤマタノオロチを退治した後、妻に迎えたイナダヒメで、右側の碑文には「姫の化身が玉の肌を与え、入浴すると肌がツルツルするところから、日本三大美肌の温泉と云われている」と記されている。

神話とは別に斐乃上温泉の歴史を辿ると、たしかに以前は「岩伏の湯」と呼ばれ、湯治場として利用された源泉と、たなべ源泉の2つが自噴していたらしい。

その後、昭和末期に横田町が試験掘り(18度)と本掘り(26度)を行い、現在は3つの源泉を2軒の宿が使用している。

2軒しかないので筆者は両方入湯してきたが、まずこちらが旅館の「斐乃上荘」。前に「ヴィラ船通山」をつけた表記もあるようだが、どちらも同じ施設だ。

筆者が入湯したのは新館の温泉。内風呂しかないが、窓越しに眺める山の景色は美しい。お湯はpH9.2の高アルカリ性単純温泉で、評判通りツルツルしている。

ただ、冷泉なので加温は致し方ないとしても、かけ流しではなく「循環ろ過あり・塩素系薬剤消毒あり」というのはちょっと残念に思えた。

斐乃上荘 オフィシャルサイト

いっぽう「民宿たなべ」は、外観からもわかるように、アットホームな雰囲気で若い世代のリピーターが多いという。

温泉は源泉掛け流しで、露天風呂も完備。「斐乃上荘」と同じ源泉を利用しているとは思えない(笑)。

民宿たなべ オフィシャルサイト

営業日時 (日帰り入浴)10:30〜17:00
休業日 水・木曜日 ・元旦
料 金 帰り入浴:大人 600円 (中学生以上) / 子供 300円(小学校6年生まで) / 幼児 200円(3才~5才まで)

岩魚料理を初め、四季の食材をふんだんに使った素朴な食事も好評のようで、次回はぜひ泊まりで訪ねてみたいと思う。

最後はお待ちかねの、斐乃上温泉周辺の車中泊&観光情報について。

まず最寄りの道の駅は「酒造奥出雲交流館」だが、それでも斐乃上温泉からは、 約18キロ・20分はかかる。

山深い場所にあるにもかかわらず、道の駅の規模は大きい。そのうえ駐車場はフラットで、車中泊には適している。

斐乃上温泉がある仁多郡は、島根県有数の米どころで、酒造りも盛んだ。道の駅とは思えないその陳列に、思わず手が出た(笑)。

道の駅 酒造奥出雲交流館の詳細ページ

なお、奥出雲と雲南には見どころが多く、斐乃上温泉にはぜひ1泊2日で行かれることをお勧めしたい。

出雲や松江と違い、都会のチャラい若者はほとんど来ない(笑)。

 


境港・松江・出雲・雲南・奥出雲の総合ガイドはこちら

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました