スポンサーリンク

極上キャンプ飯! ご当地で作る飛騨高山のソウルフード「朴葉味噌焼き」

郷土料理
正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

朴葉と味噌のセットから、飛騨牛まですべて揃うのは「Aコープ奥ひだ」

朴葉味噌焼きは飛騨高山地方の郷土料理で、元は甘めの味噌に薬味と山菜やキノコをからめ、朴葉(ほうば)の上で焼いた素朴なご飯のおかずだったそうだ。

現在は旅館や食事処で出されるご当地料理として、飛騨牛などの高級食材を使用することが多い。

調理は焼くだけなので、材料さえ揃えられれば、キャンプサイトで誰でも簡単に作ることができる(笑)。

【主な具材】
●牛肉・鶏肉
●白ネギ・しいたけ・薬味ネギ
●焼き豆腐 など

焼きあがるとこういう感じ。云ってみれば和風BBQみたいなものだが、秘訣は朴葉を最初に水で濡らしておくこと。そうすると焦げにくい。

また味が濃いので、飽きてきたら生卵を落としてユッケ風にするといい。なお飲めない人には白飯を用意してあげよう。

ちなみに朴葉と味噌のセットは、お土産屋に行けば入手できる。写真は福地温泉朝市(0578-86-2289 営業時間:6時30分~11時)。ここは味噌と朴葉を別々に買えるので重宝する。セット売りの味噌はやや分量が少なめだ。

また飛騨牛が値頃で買えるのは、Aコープ奥ひだ。ここは野菜も豆腐も朴葉と味噌のセットも品揃えしているので、一番便利。もちろんビールも手に入る。場所は奥飛騨温泉郷オートキャンプ場(道の駅上宝)の近くだ。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

タイトルとURLをコピーしました