「アルプス街道平湯(平湯バスターミナル)」で車中泊してもいいの?

平湯バスターミナル 無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

「アルプス街道平湯(平湯バスターミナル)」は、「あかんだな駐車場」が閉鎖されている、冬季限定の車中泊スポット

平湯バスターミナル

アルプス街道平湯とは、平湯バスターミナルにある物販・飲食・温泉施設のこと。もちろん駐車場は共用になっているため、この話は「平湯バスターミナルで車中泊はできるのか?」と同じだ。

結論は「条件付き」でできる。

あかんだな駐車場

まず、平湯温泉には上高地行きのバスが発着する「あかんだな駐車場」という広大な公共駐車場がある。

ただし写真の通り、車中泊は明確に禁じられており、駐車場も夜間は出入りができなくなる。

そのため、グリーンシーズンはあかんだな駐車場」がオープンする午前3時30分まで、駐車場での「仮眠」を黙認している。

平湯バスターミナル

ありがたいことに、ここには24時間使える野外トイレがある。

とはいえ、そんな早朝から起きて移動するというのは、現実的にはちょっと厳しい話だろう。

スポンサード・リンク

 

上高地

だが「あかんだな駐車場」だけでなく、「平湯キャンプ場」も「奥飛騨温泉郷オートキャンプ場」も閉鎖される冬季は事情がちょっと違う。

特に上高地のスノーウォーキングに訪れる人は、ここで車中泊ができないと、かなりの不便を強いられる。

そのため、スノーシーズンは時間の制限をせずに車中泊を認めている。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
車中泊旅行者にとっての、奥飛騨温泉郷の居心地度を独自の観点からチェックしています。
新穂高の湯
奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド【クルマ旅のプロが執筆!】
個人旅行客が知りたい奥飛騨温泉郷の情報を詳しく紹介しています。
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
これまでに奥飛騨温泉郷で入湯した共同温泉ほかのレポートです。
あかんだな駐車場
平湯温泉から上高地へ。あかんだな駐車場の賢い利用法
クルマ旅のプロが、あかんだな駐車場の賢い利用法をご紹介
あかんだな駐車場
奥飛騨温泉郷の車中泊事情と、6つの車中泊スポットをご紹介
クルマ旅のプロが解説する、奥飛騨温泉郷の車中泊事情と車中泊スポット情報です。
北アルプス大橋
奥飛騨温泉郷の観光&グルメスポット
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころを、クルマ旅のプロが解説しています。
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
これまで取材してきた、奥飛騨温泉郷に関するすべての記事の一覧です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
これから車中泊を始める際に必要な「三種の神器」をご紹介。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました