スポンサーリンク

道の駅 奥飛騨温泉郷上宝 車中泊好適度チェック!

道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
https://kurumatabi.net/2019/05/19/inagaki_book/

奥飛騨温泉郷でマナー違反なのは、地元行政それとも車中泊旅行者?

道の駅・奥飛騨温泉郷上宝は、奥飛騨温泉郷にある唯一の道の駅だが、高規格オートキャンプ場の入口が駐車場のほぼ中央にデンと構えている。

それだけに、ここでの車中泊に違和感を覚える住民や旅行者は少なくあるまい。ゆえに、やむなき場合の利用にとどめておくのが大人の配慮であることくらい、ほとんどの旅人が分かっている。
場内に無料の露天風呂がある、奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
道の駅に隣接し、場内に無料の露天風呂と電源サイトがある奥飛騨温泉郷オートキャンプ場に関する記述です。

ただし、それは常識が通用する旅先においての話である。

下の記事で書いた通り、上高地から北アルプスに向かうマイカー登山客の中には、午前中から山に登るため、前夜にクルマを飛ばして平湯までやってくる人が少なくない。
しかし平湯温泉にある「あかんだな駐車場」は夜間閉鎖されており、車中泊はもとより午前3時30分まで入場することができない。
車中泊禁止の「あかんだな駐車場」は、奥飛騨温泉郷の恥
奥飛騨温泉郷にある上高地行きのバス乗り換え駐車場、「あかんだな駐車場」の問題点に関する記述です。

その対応策として、開場までは平湯バスターミナルでの仮眠が許可されているわけだが、現実を考えると朝3時半に起きてクルマを移動させていたのでは、睡眠不足になることは子供にでもわかる話だ。

睡眠不足を回避して、良いコンディションで山に向かうためには、この道の駅で夜が明けるまで車中泊をする以外の最善策は見当たらない。

面白いことに。

道の駅の敷地内には3軒の食事処が揃っている。まわりに店がないので、これは旅人にも嬉しいことだが、「シャモ・ホルモン・イワナの炭火焼き」は、飯のおかずというより、ちょっと素敵な酒の肴だ(笑)。

隣がオートキャンプ場なので筋が通っているように見えるが、考えようによっては、道の駅なんだから「飲んだ人は寝て帰ればいい」という話が、暗黙のうちに成立する。

ちなみにお客はどこから来た人であろうが関係ない。たとえ1キロ先に住んでるじいちゃんであってもだ(笑)。

さて。この写真は道の駅の休憩所を兼ねた情報室。

筆者が2018年のゴールンウィーク初日に訪ねた時は、驚いたことに「奥飛騨温泉郷の旅館・日帰り温泉に関するパンフレット」は1枚たりとも置いてなかった。

マイカーで現地を訪れる旅行者のために、地域のPRをするのは、国交省が掲げる道の駅の役割のひとつである。

ここまでの話をまとめると、結論はこうだ。

オートキャンプ場が隣接していようが、ここでは気兼ねすることなく車中泊をしてもかまわない。それどころかむしろ「歓迎」。ただ一杯飲んだ翌日には、温泉街でウロウロせずに、さっさとどこかに立ち去ってくれたまえ、諸君。
なるほど、そういう目で見ると、ちゃんとゴミ箱まで置かれている(笑)。

【車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△
普通車:29台
3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=△
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=○

最寄りの温泉・入浴施設
■名前:奥飛騨ガーデンホテル焼岳
■☎:0578-89-2811
■料金:大人700円
■営業時間:12:00〜21:00(閉館22:00)
■定休日:無休(繁忙期は日帰り入浴の出来ない時間帯あり)

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

車中泊スポットとしては上々であるにもかかわらず、筆者がここまで揶揄する理由は、「あかんだな駐車場」だけでなく、キャンピングカーの乗り入れを禁止しながら、普通車の車中泊旅行者にはなんらの注意もしない「荒神の湯」の駐車場にもある。

軽自動車やミニバンで自炊と車中泊をしながら、奥飛騨温泉郷に滞在するオッチャン達には、どうやらこの「荒神の湯」の無料駐車場の居心地がいいらしい。

荒神の湯の駐車場管理者は、「2時間以上駐車禁止」と自らが定めたルールを平然と破られているにもかかわらず、その駐車場で車中泊をし続ける旅人を排除しないのに、キャンピングカーだけを差別しつづける…

こういうデタラメがいつまでも続く奥飛騨温泉郷で、「襟を正して車中泊しようという気」に、あんたなれるかい?

筆者は自信がない(笑)。だって、人間だもの!

地域全体に秩序があってこそ、車中泊のマナーの良し悪しは語れる。それができない環境を放置しているのだから自業自得。道の駅にどんな奴が現れても、まったく不思議とは思わない。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました