スポンサーリンク

新穂高温泉にある無料の車中泊スポット 鍋平園地

無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
https://kurumatabi.net/2019/05/19/inagaki_book/

新穂高第2ロープウェイの近くにあるトイレ付きの無料駐車場

ここはネットに出して欲しくなかった…

もしかすると、読者の中にはそう思っている車中泊の奥飛騨リピーターがいるかもしれない。

もちろん当初は筆者もそう思い、10年来同じようにここを表には出さないようにしてきた。しかし、かつてはトイレの外壁に設置されていたコンセントが使えなくなって、もう久しい。

確かに、このブログのように完全オープン化されたサイトで、デカデカと紹介されたのは初めてかもしれないが、実は隠れたコミュニティーでは、既に多くの人の知るところであり、むしろそれが、人目の無いことを幸いに、無責任な行為を繰り返す人たちの温床にもなっている。
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
クルマ旅のプロが解説する、奥飛騨温泉郷の車中泊事情と車中泊スポットに関するお話です。

同じ過ちを繰り返さない作戦のひとつは、このように穴場とされてきた車中泊スポットを公開し、きちんとマナーを把握している車中泊旅行者の利用率を高めることだと筆者は思っている。

どんな人間でも気になるのは「人の目・世間の目」。

口論したり取っ組み合いをしなくても、きちんと常識を守れる人が周囲を囲めば、非常識なことはやりずらくなるし、また面白くもなくなっていくだろう。しいてはそれが、次世代にまで引き継がれるべき車中泊環境の「奪回」に通じる

アクセス

場所はカーナビに載っていない場合があるが、新穂高温泉周辺の詳細マップに出ている「北アルプス大橋」を目指して山道を登ると、その途中にある。

ポイントは「野の花山荘」の案内看板がある交差点だ。「新穂高の湯」方面から来ると看板は見えないが、ほとんどUターンするようにして左の坂道を上がっていく。

【正式名称】
鍋平園地 
(鍋平駐車場とは別物、そちらは有料で夜間は閉鎖される)
【駐車台数】
およそ50台

【最寄の入浴施設】

野の花山荘
大人800円

営業時間 午前10時~午後5時
湯めぐり手形「奥飛騨湯けむり達人」が使える。

最後に。新穂高・村営無料駐車場は登山客が多いので、ロープウェイに乗らないのなら、その利用客に場所を譲りこちらを利用しよう。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

タイトルとURLをコピーしました