スポンサーリンク

車中泊で行く「立山黒部アルペンルート」 コース概要と春・夏・秋の見どころ

ネイチャーフィールド
正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

立山黒部アルペンルートは、「手つかずの自然」と対峙できる、日本一の山岳観光ルート

長野県の扇沢駅と富山県の立山駅を結ぶ「立山黒部アルペンルート」は、誰もが認める日本一の山岳観光ルートだ。

見えているのは秘境に築かれた黒部ダム。それがドローン目線で見られるところは、機上の席かアルペンルートの最高地点、大観峰くらいしかない(笑)。

アルペンルートの立山駅から黒部湖までは、観光客や登山客の便宜を図る為に作られたが、そこから扇沢駅にいたる関電トンネルは、黒部ダムの建設資材運搬の為に掘削され、ダムの完成後に一般開放された。

全線開通は1971年。もう半世紀近く前のことになる。

ガイドブックやホームページの中には、アルペンルート一番の見どころが黒部ダムのような書き方をしているものも見受けられるが、筆者はそう思わない。
なぜなら、前述したようにアルペンルートの大半は、立山の自然に触れるための「観光ルート」だからだ。
ゆえに、あえて「くろよん」をこのコーナーとは切り離し、長野県の観光地として別枠で取り上げている。
歴史的建造物ともいえる、黒部ダムの本質に迫る!
クルマ旅のプロが、日本が世界に誇る黒部ダムの、誕生秘話から現在までを詳しくレポートしています。

さて。実際にアルペンルートを訪ねると、当時の日本の土木建築技術の高さに感銘する。

立山駅から扇沢駅までは、直線距離にすれば25キロほどしかないが、最大高低差は2000メートル近くあり、ロープウェイ・ケーブルカー、トロリーバスと、様々な乗り物を、短く乗り継ぎながら進んでいく。

アルペンルートのハイライトは、標高2450メートル地点に広がる「室堂平」だ。

ここでは上高地と同じように時間をかけて、手つかずの自然と対峙したい。

雪の大谷から始まる「春」

シーズンはGW直前から

例年ゴールデンウィーク前に美女平から室堂までの除雪が終わり、アルペンルートが開通する。

雪の大谷は、道路の除雪された雪によって造られる人工の雪壁で、降雪量の多い年には、高さが25メートル以上に及ぶこともある。

この時期に室堂を訪れるのは、雪の大谷を目指す観光客だけではない。

ダイナミックな斜面にシュプールを描きたいスキー&スノーボーダーや、真っ白な冬羽を残すライチョウを探す野鳥愛好家たちもまた、その開通を楽しみにしている。

登山客で賑わう夏

劔岳への登頂ルート

室堂がもっとも活気づくのは8月で、雄山や剱岳を目指す夏山登山者たちが、一般の観光客に混じってケーブルカーに乗り込んでくる。

室堂では8月でもまだあちこちに残雪が見られ、本格的な山登りには軽アイゼンが必要だ。

いっぽう、みくりが池周辺に咲く高山植物は7月下旬に開花のピークを迎える。白い小さな花を咲かせるチングルマや、ピンクのイワカガミとともに、運が良ければ夏羽のライチョウにも出逢えるだろう。

初冠雪は10月

高原を駆け降りる紅葉前線

面白いことに、室堂では前年の雪が消えるのも、新しい雪が積るのも同じ9月だ。そしてその頃、雷鳥沢のナナカマドやチングルマが色づき始める。

この一帯ではひと冷えごとに紅葉前線が高度を下げるといわれ、室堂から天狗平、弥陀ヶ原、黒部平、美女平と瞬く間に見頃が移りゆく。

そのため写真撮影を目的に出かける際は、直前に現地に電話を入れ、現在の紅葉前線の位置をよく確かめたほうがいい。入山ルートは撮影ポイントの多い立山駅からがお勧めだ。

アルペンルート観光のアドバイス

ここで大事なのは、大半のガイドブックは公共交通機関を利用する旅行者や、ツアーで訪れる人向けに書かれているということだ。

実際に訪れる大半の人は、アルペンルートを利用して、富山県から長野県に通り抜けていく。それなら朝早く立山を出て、途中で室堂と黒部ダムを観光し、夕方扇沢に着けばいいから問題はない。

しかし車中泊の旅人はクルマがあるため、普通はどこかで引き返してくる必要がある。

筆者はゴールデンウィークと夏休みに、立山駅から黒部ダム間を往復しているが、ハイシーズンは乗り換えごとに乗車待ちの列に並ばされる。

そのため無駄に時間がかかり、お勧めではない。

冒頭で記したように、アルペンルートの見どころは「室堂」と「黒部ダム」で、それ以外は乗り継ぎ駅と考えていい。つまりベストは黒部ダムには扇沢から、室堂には立山からのアクセスで、扇沢からは最長でも室堂までにとどめるのが無駄のないコース取りといえるだろう。
なお、クルマ旅でも「通り抜け」する方法はある。

ただそれにはクルマの回送が必要だ。ちなみに立山駅から扇沢駅までの車両回送料金は、乗用車でも3万円程度になる。

運賃等の詳細は、オフィシャルサイトで確認を。

立山黒部アルペンルート

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました