スポンサーリンク

河津の無料車中泊スポット 河津七滝観光センター

無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「河津桜まつり」の見学時に使える車中泊スポット

河津桜まつりの会場から、国道414号を7キロほど山側に進んだところにある町営の無料駐車場。アクセスはループ橋の手前にある上の表示に従って脇道に入る。暗くなってからだと見逃しやすいので注意が必要だ。

この景色が見えたら「通り過ぎている」ので引き返そう(笑)。

ここが目的地の無料駐車場。

河津町役場のHPには「河津七滝観光センターの駐車場」と書かれているが、現地にはそういう表示はなく、「町営無料駐車場」の看板があるだけだ。

この駐車場は、尾ヶ崎ウイングと同じく、夜桜まで見たい人の車中泊スポットとしてお勧めだ。静かなのは明らかにこちらで、収容台数も多い。

敷地は広いが全体的に緩やかな傾斜があるため、車中泊に適しているのは、写真奥のトイレ付近だろう。

トイレはきれいに管理されている。便座は洋式だがウォシュレットはない。

ゴミ箱は施錠されていないので、利用可能だ。

なお、国道から河津七滝観光センターに行く途中にも写真の無料駐車場があるが、こちらにはトイレがない。

食材は河津駅近くのスーパーマーケットAokiで買うことができる。

最寄りの日帰り入浴ができる施設は七滝温泉ホテル。ただし宿泊施設の場合は、日によって日帰り利用ができない場合がある。

七滝温泉ホテル
☎0558-35-7311
時間:8:00~21:00(閉館)
定休日:不定休
入浴料 大人1000円、小人700円

料金は踊り子温泉会館と変わらないので、桜まつり会場で済ませてくる手もあるだろう。

河津町七滝観光センター
〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本379−13
☎0558-36-8263(七滝観光センター泣かせ隊食堂)

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

タイトルとURLをコピーしました