スポンサーリンク

足柄サービスエリア(下り名古屋方面) 車中泊好適度チェック!

SA・PA・HWO
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

お風呂からドッグランまで、フル装備された東名高速道路の「高規格サービスエリア」

上り東京行きの設備も充実しているが、下り名古屋行きはさらにすごい(笑)。おそらく日本のサービスエリアでは、広さも質もここがナンバーワンだろう。

特筆すべきは、お風呂とゴージャス極まりない足湯のある2階だ(笑)。

「足柄浪漫館・あしがら湯」は、富士山の天然水の沸かし湯だが、バナジウムが多く含まれているせいか、お湯の肌触りは柔らかい。

おそらく成分上、日本の温泉基準を満たさないために「温泉」とは明記できないのだろうが、気持ちの良さでは引けをとらないと思う。

料金は平日670円(土日は700円)、営業時間は午前10時から翌朝8時まで。また隣にはコインランドリーもある。

圧巻はこの「金太郎ラウンジ」だ。カフェ感覚の足湯(有料)に加えて、漫画を備えた休憩室や、マッサージ・チェアなどが置かれ、スーパー銭湯顔負けの充実ぶり…。

まさに「どうぞ、車中泊してください」といわんばかりだ(笑)。

いっぽう、フードコートも店揃えが面白い。

ココイチに吉牛、さらにロッテリアなど、旅だからといって「特に珍しい食事でなくても構わない」と思っている筆者のようなタイプにはピッタリだ。

だが驚いたのは、外の屋台に大阪で人気のたこ焼店「くくる」があること。8個で680円と、比較的リーズナブルでお勧めだ。

もちろんコンビニもちゃんとある。

今度は車中泊事情について。

これは上り側にも共通していることだが、足柄SAのトラックのマナーは、群を抜いて悪い。駐車区画が空いていてもこういう停め方をするし、もちろんエンジンはかけたままだ。つまり、奴らが侵入できないエリアに駐車しないと静けさは得られない。

それが可能なエリアは、サービスエリアの本館に向かって左側にあたるこの駐車場だ。建物の近くにはポールが立てられ、大型車は侵入できないように図られている。

ポイントは本線からサービスエリアに入る際に「小型車」の表示に従って一番奥まで進むこと。スマートインターへの進入路を通り過ぎたところが、このエリアになっている。

なお、ドッグランは建物の裏側に用意されている。ただし小型犬専用と明記されている。

足柄サービスエリアのオフィシャルサイトはこちら。

タイトルとURLをコピーしました