伊豆の金目鯛がおいしい理由と、車中泊での上手な食べ方

名物・特産品・地酒ほか
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊グルメガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、20年以上かけて味わってきた全国のソウルフード&ドリンクを、そのレシピと老舗・行列店を交えてご紹介します。
「ニッポンのソウルフード」を味わい尽くす。
車中泊で日本各地のご当地グルメを味わいたい人に向けたガイドです。
スポンサード・リンク

ベストは煮付け。

金目亭

伊豆半島の東南岸を旅していると、あちこちに「金目鯛」の看板やのぼりが掲げられ、旅行者は無意識のうちに「伊豆の名物=金目鯛」という刷り込みにハマっしまう(笑)。

そこで金目鯛のことが気になり、調べてみた。

そもそも金目鯛とは?

金目鯛

鯛という名前はついているが、マダイやクロダイといった本物の鯛の仲間ではなく深海魚だ。

旬は冬といわれ、日本近海では北海道の釧路以南の太平洋と、新潟県以南の日本海の沖合約200-800mの岩礁域に生息し、釣りや底曳き網などで漁獲される。

たしかに大阪のスーパーでも見かけることは多く、特に珍しい魚というイメージではない。

なぜ、「伊豆の名物=金目鯛」?

金目鯛

金目鯛漁が盛んなのは、房総沖から伊豆半島・伊豆諸島周辺で、底立延縄・立縄・樽流し・一本釣り等によって獲れたものが下田港に水揚げされる。下田港が金目鯛の水揚げ量日本一となっているのはそのためだ。

中でも、伊豆大島から神津島にかけての西側で獲られた金目鯛は、特に脂がのって味も濃く、「地金目」と呼ばれている。

下田港から漁場までは約1時間半。漁場が近いため、鮮度が良いまま口にできるのも大きなセールスポイントになっている。

実は水揚げ量は少ないが、伊東・須崎・稲取でも下田と同じ理由から「ブランド金目」を販売している。

これは松葉ガニと同じ話。丹後半島の間人(たいざ)が、最初にグリーンのブランドタグをつけて話題を呼んだが、同じように漁場が近い城崎温泉の津居山や、福井県の越前でも、現在は色違いのブランドタグをつけている。

たぶん素人には、それぞれの見た目や味の違いはわからない(笑)。

スポンサード・リンク

金目鯛の美味しい食べ方

金目鯛の煮付

一般的な金目鯛の食べ方は、刺身、煮付け、干物、味噌漬けあたりになる。

だが、せっかく伊豆まで来たらには、同じ金目鯛でも、さきほど学習した「地面目」にありつきたい!と誰しも思うが、今は水揚げが少なく、地元の料亭でもなかなかお目にはかかれないらしい。

となると、「沖キンメ」を少しでも美味しく食べさせてくれる「店選び」がポイントになってくる。

なぶらとと

とりわけ車中泊では困難な「煮付け」は外食になるわけだが、美味い店は、伊東にも下田にもきっと「山ほどある」に違いない(笑)。

そこで、「食べログ」ではなかなか決めきれないという人には、「るるぶ」や「まっぷる」に出ているお店を推薦する。

ベタな話だが、筆者の経験からすると、確かに行列は必至だが、「行列店にはそれなりのプライド」がある。

確かに無名の時に比べれると、サービスや味が低下しているかもしれないが、そう大きくは外れない。それに予約ができるところも多い。

確かに、まだ名が知れ渡る前に「将来の行列店」に出会えればラッキーだが、一元の旅人にそれができたら苦労はしないし、その店が繁盛すれば、やはり同じ道を歩むと思う。

つまり、それを望むなら情報の鮮度まで調べなければならないわけだ。

また「食べログ」を参考にするなら、投稿者の年齢・性別・住所を見たほうがいい。同じ日本人でも、それで味覚は違ってくる。

ということで、筆者がこれまで訪ねた店は以下の通り。

下田 きんめせん昇龍

稲取 なぶらとと

スポンサード・リンク

ちなみに、河津桜まつりの会場では、こんなものを発見!

金目鯛の冷凍パック

これなら車中泊で食べられるかも… と試したが、予想通りの論外(笑)。

金目鯛の煮付け 車中泊

タレが辛いのは致し方ないとしても、鮮度がない金目鯛は、美味とはほど遠いものだった。

スポンサード・リンク

金目鯛の刺し身

ただ、煮付けが駄目でも、刺し身なら車中泊でいただける。

金目鯛の刺し身

しかもうまく探せば、こんな値段で手に入る。

スーパーマーケットのAoki

売っていたのは、スーパーマーケットのAoki。

静岡でも伊豆半島でよく見かけるローカルチェーンだが、とりわけ品揃えがいいのは伊東温泉の店のようだ。

道の駅マリンタウンから熱海方面に5分ほど国道を走ったところにある。

金目鯛の昆布締め握り

またお寿司も手頃でいい。写真は河津桜まつりの出店で買った、伊豆観光ホテルの金目寿司。ホテルの出し物だけに、こぶ締めがよく効き、さっぱりとした上品な味わいだった。

スポンサード・リンク

最後に、金目鯛も「うまい、うまい」と喜んでばかりはいられないようだ。 

金目鯛の煮付け

そもそも金目鯛は冬場に旬を迎えるため、荒天の影響で水揚げ量が安定しない。

さらに漁師人口は減少しており、漁獲高は年々低下の一途を辿っているという。

のせいで、水揚げが最も多い伊豆半島ではブランド化が進行し、価格の高騰と流通量の減少を引き起こしている。

金目鯛もやがては養殖になっていくのだろうか…

深海魚の養殖なんてできるの? と思うが、クエの養殖に成功している近大なら、あり得るのかも(笑)。

スポンサード・リンク バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました