下田 車中泊旅行ガイド【クルマ旅のプロが執筆!】

ペリーロード 伊豆半島
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

下田の楽しみ方は、「目には見えない光景」を想像することから始まる

柿崎弁天島

車中泊で旅する下田【目次】

プロローグ

下田の主役は、ペリーや坂本龍馬より「吉田松陰」

ボランティアガイドのお世話になる

下田のお勧めグルメと温泉

下田の車中泊事情

スポンサード・リンク

プロローグ 

下田 白浜大浜海水浴場

伊豆半島の南端に近い下田には、幾つかの顔がある。

とりわけ関東在住の人に馴染みがあるのは海水浴だろう。ロケーションからして、海が綺麗なのは頷ける。

だが車中泊で真夏に下田を訪ねるのは、まだその「灼熱地獄」を知らない、近頃の流行で始めた若者くらいだと思う(笑)。

中高年の旅人は、ほぼ全員が夏を外すに違いない。

そうなると見どころは、自ずと江戸時代の情緒を残す町並みになる…

ペリーロード

それを愉しむための「キモ」は、下の記事の一文に凝縮されている。

この道を楽しむには、歴史を知り、想像力を働かせて、「目には見えない光景」を思い浮かべることが大切だ。

確かに、レトロとかノスタルジックと云えば聞こえがいい。

下田商店街

だが下田の町は思っているより小さく、商店街はあるものの、土産屋が並ぶわけでもなく、かといって「繁華街」ともいい難い(笑)。

悪く云えば、すべてが中途半端。

それが「遺構」という要素を除いた下田の実態だ。

遺構とは、過去の建築物・工作物・土木構造物などが後世に残された状態、云い換えると、過去の人々の活動の痕跡のうちの不動産的なものを指して云う。

下田の主役は、ペリーや坂本龍馬より「吉田松陰」

たとえば、この建物は現在の「下田市立中央公民館・下田市教育委員会館」だが、幕末にはここに「長命寺」があり、「吉田松陰」という男がペリー艦隊の黒船での密航を企てたが、夢叶わず、自首して拘禁されたという事実が残る。

柿崎弁天島

歴女・歴男は、この絵に描かれた「吉田松陰が自首に至るまでの経緯」を知っているから、さきほどのたった1本の「石碑=遺構」を見て、そこで吉田松陰が何を思い、どう過ごしたかへと想いを馳せる…

大人の下田観光とはそういうものだ。

ボランティアガイドのお世話になる

下田 パンフレット

ちなみに歴史に興味が湧いてきても、遺構を雑誌やネットを見ながら探してまわるのは骨が折れる。

ゆえにこういう町では、生身のガイドさんを頼るほうがいい。

下田ボランティアガイドの概要

【基本コース】
「下田歴史の散歩道」所要時間2時間
<下田市観光協会駅前案内所>出発
稲田寺、宝福寺、泰平寺、吉田松陰拘禁の跡、欠乏所跡、大横町通り、安直楼、(土藤商店)、ペリー上陸の碑、開国記念碑、下岡蓮杖の碑、ペリーロード、長楽寺
<了仙寺>解散

【ガイド料】ひとり300円
【出発時間】 平日:午前10時出発(受付9時50分より)
【実施時期】 下記を除く毎日
(7月16日から8月31日、12月31日、1月1日)

詳細は下田ボテンティアガイドのサイトで確認を。

また、コースの概要が理解できる資料として以下の記事を用意した。これを読んでいただければ、「日本史上における下田の重要性」がよくわかる。

スポンサード・リンク

下田のお勧めグルメと温泉

もちろん修学旅行ではないのだから、誰もがそうする必要はない(笑)。

ただ下田から歴史的要素を除くと、見どころが極端に限られるのは事実だ。

金目鯛定食

ゆえに歴史に興味がない人には、観光よりも名物の金目鯛を食べたり、名湯が待つ老舗の温泉宿に足を運ばれることをお勧めしている。

金谷温泉

下田の車中泊事情

道の駅下田

さて。「観光地」としての下田は、人によって評価が分かれるところだと思うが、車中泊地としては、万人が良いと認める環境を誇っている。

中でも際立っているのは、道の駅だろう。

その他の車中泊スポットはこちら。

下田公園の無料駐車場は、ペリーロードに近い下田の穴場車中泊スポット
クルマ旅のプロがまとめた、ペリーロードに近い下田公園の無料駐車場の紹介です。

伊豆半島マップ

最後に。

このマップから分かるように、伊豆半島の「底」に位置する下田は、西・中・東の、どのルートで周遊するにしても、宿泊地に適している。

しかも宿場にするなら、夕方到着して翌朝出るわけなので、観光しようがしまいが利用価値は高い。

特に有効なのは「河津桜まつり」の時期だが、さすがに混雑は避けられない。

スポンサード・リンク

下田 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く下田

ペリーロード
下田の車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島・下田の見どころと車中泊事情を詳しくガイドしています。
サスケハナ号
下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以
下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以について詳しく説明しています。
下田の金目鯛がおいしい理由と、車中泊での上手な食べ方
下田の金目鯛がおいしい理由と、車中泊での上手な食べ方
金谷旅館
下田の日帰り入浴ができる名湯・金谷旅館の「千人風呂」
下田の蓮台寺温泉の近くにある老舗、「金谷旅館」の名湯「千人風呂」をご紹介。
道の駅 開国下田みなと
道の駅 開国下田みなと 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック! 2022.2月更新
「道の駅 開国下田みなと」の車中泊に関する情報を詳しく紹介しています。
下田に関連する記事の一覧
下田に関連する記事の一覧
これまで取材してきた下田に関する全ての記事の一覧です。

南伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く南伊豆

石廊崎
南伊豆の車中泊&観光事情<南伊豆トップページ>
南伊豆の車中泊&観光事情に関する記述です。
ペリーロード
下田 車中泊旅行ガイド
伊豆半島・下田の見どころと車中泊事情を詳しくガイドしています。
石廊崎
「石廊崎」の3つの楽しみ方 2022年2月更新
2019年に大きく変わった「石廊崎」の3つの楽しみ方をご紹介。
下賀茂温泉 南伊豆町
みなみの桜と菜の花まつり 車中泊旅行ガイド
南伊豆町の春の風物詩を詳しく紹介しています。
南伊豆の車中泊スポット 一覧
南伊豆の車中泊スポット 一覧
取材してきた南伊豆の車中泊スポットに関する記事の一覧です。
南伊豆の関連記事 一覧
南伊豆の関連記事 一覧
これまでに取材してきた、南伊豆に関連する記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました