ペリーとハリスと「唐人お吉」

ハリス記念館 ロケ地ほか
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
中高年になったら出かけよう!「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100スポット」のご紹介です。

ペリーとハリス、ハリスと「唐人お吉」、そしてハリスと「日米修好通商条約」の関係

ハリスの足湯

ペリーが黒船艦隊を率いて来航し、「日米和親条約」を締結して日本の鎖国を終わらせたことは大半の日本人が知る話だが、下田に行くと「ハリス」という別のアメリカ人の名前をよく見かける。

そこでまずはペリーとの違いを含めて、ハリスという人物をわかりやすく紹介することから始めよう。

それぞれの来日の目的

下田公園

軍人であるマーシュ・ペリーの目的は「日本の開国」。

別の記事に書いた通り、ペリーが日本に来た一番の理由は、北太平洋で操業するアメリカの捕鯨船・乗組員の安全確保と、食料や燃料の補給地を日本に求めたいということにあった。
ペリー艦隊が日本にやってきた本当の理由
日米和親条約の中身に関連する興味深い話をご紹介。
5分でわかる。日米和親条約と下田条約
ペリー来航で締結された、日米和親条約と下田条約を簡単に分かりやすく解説します。

ゆえに、1954年に「日米和親条約」で下田と函館の2港を開港させることに成功すると、通商には固執せず、2ヶ月ほどの滞在で日本を離れている。

出典:ウィキペディア

いっぽう外交官のタウンゼント・ハリスは、ペリーが積み残した日本との通商条約を締結するため、2年後の1956年に初代の駐日米大使として下田に赴任する。

日本での生活は6年に及び、1958年に「日米修好通商条約」を締結し、目的を果たした以降も日本に在住して、1962年に日本を離れている。

ちなみに両者には「接点」がある。

1853年の第1次日本遠征から引き上げ、清に滞在していたペリーに、当時上海にいたハリスは、次回の遠征で日本への同乗を望む。

だが、軍人でないことが理由で、その許可を得ることはできなかった。

ハリスと「唐人お吉」

就任早々、ハリスは通商条約の締結に向けて幕府に働きかけを行うが、当時の日本は薩摩藩と水戸藩が先導する「尊王攘夷」の高揚と、篤姫が嫁いだ13代将軍・家定の体調不良が重なり、交渉は延期される一方だった。

加えて、肉や乳製品などが食されていなかった当時の日本では、西洋料理が作れず、ストレスと栄養不足でハリスは衰弱状態に陥ってしまう。

そのため通訳のヒュースケンは、「看護婦」の派遣を奉行所に要請するが、鎖国していた日本の役人が、「ナイチンゲール」を知らないのは当たり前(笑)。

やってきたのは、下田随一の芸者と呼ばれる「お吉(斉藤きち)」だった。

出典:ウィキペディア

たとえ「看護婦」でなくても、身の回りの世話をする「家政婦のおばさん」ならともかく(笑)、あらかさまな幕府の「ハニートラップ」にハリスは激怒。健康回復とともにお吉を開放するが、彼女の人生はそこから奈落の底へと転がり落ちていく。その悲話は割愛するが、興味があればこちらで続きを。

ちなみにハリスは、超がつくほど真面目なプロテスタントで、生涯独身で童貞だったという。

ハリスと「日米修好通商条約」

さて。時を同じくして、英仏両国の連合艦隊は、広東で第二次対中国戦争を開始する。それを受けて、1857年(安政4年)7月に、米砲艦ポーツマス号が下田に入港した。

これにより、幕府は態度を急変。ついにハリスの江戸出府を認める。

江戸城

ハリスは老中・堀田正睦(ほった まさよし)ら要人と会談し、アジアにおける欧米列強の現状をもとに、日本の危機を煽り、アメリカとの通商条約締結の見返りとして、万一の場合はアメリカが他国との仲介の労をとる旨を約束する。

幕府は、「もはや条約締結やむなし」と覚悟を決めて交渉に臨み、1858年(安政5年)1月に妥結。

しかし、なかなか勅許が得られず、調印は延期を重ねていた。

そこへ6月13日、米艦ミシシッピ号が下田に入港。

英仏両国が日本に進攻するとの情報を得たハリスは、即座に幕府に決断を迫り、大老・井伊直弼は、遂に勅許のないまま最後の決断を下すに至った。

横浜

かくして6月19日、小柴沖に停泊していたポーハタン号艦上において、「日米修好通商条約」及び「貿易章程」は調印された。

その結果、1859年(安政6年)5月に横浜が開港され、玉泉寺の領事館は閉鎖、ハリスも同時に下田を去り、12月に下田は閉港される。

かくして1854年(安政元年)から、6年に及ぶ日米外交交渉の舞台となった下田は、静かに歴史から姿を消していった。

バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました