スポンサーリンク

吉田松陰寓寄処(よしだしょういんぐうきしょ)

吉田松陰寓寄処 花燃ゆ
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。

下田の蓮台寺温泉に残る、吉田松陰湯治の地

長州藩士の吉田松陰が、なぜ下田に来ていたのかは、以下の記事を後ほどご覧いただくとして、ここではその先にコマを進めよう。
吉田松陰が下田に来た理由と、ゆかりの地をめぐる
吉田松陰が、今もなお多くの歴史ファンからリスペクトされ続ける理由をご紹介。

岡村屋

1854年(嘉永7年)、吉田松陰と金子重輔は、それぞれ瓜中万二、市木公太と名前を変えて下田を訪れ、岡村屋(現在の下田屋旅館)に投宿する。

疥癬(かいせん)という皮膚病を患っていた吉田松陰は、岡村屋の主人から近くの蓮台寺温泉を紹介され、湯治に向かった。

蓮台寺温泉

そこで松蔭は蓮台寺温泉の村民しか入浴できない共同湯に忍び込むのだが、それに気づいた医者の村山行馬郎(むらやま ぎょうまろう)は、事情を聞き、松陰をしばらく自宅の屋敷に匿うことにした。

吉田松陰寓寄処

その屋敷が現在の「吉田松陰寓寄処」。

聞き慣れない「寓寄処」とは、「偶然寄ったところ」という意味らしい。

松蔭は村山医師の好意に甘え、1週間ここで過ごした後、3月27日の深夜に黒船に密航の直談判を決行する。

松陰の居間として使われた2階の「隠れの間」。

吉田松陰寓寄処

ペリーに渡そうとしていた投夷書は、ここで書かれた。

吉田松陰寓寄処

また浴室には、松蔭が湯治をしたされる湯船が再現されている。

吉田松陰寓寄処

1階では松陰が使ったと伝えられる机や硯箱とともに、定期的にボランティアの方が邸内の設備や残された吉田松陰ゆかりの品々の解説を行ってくれる。

これで100円というのは、松蔭マニアにはたまらない。

下田に着いたら、どこよりも先に行ったほうがいい!(笑)。

吉田松陰寓寄処 駐車場

ありがたいことに、無料駐車場も用意されている。

金谷温泉

なお近くには、大政奉還が行われた1867(慶応3年)創業という、150年以上続く老舗の湯宿「金谷旅館」があり、千人風呂と呼ばれる「日本一の総檜大浴場」で日帰り入浴が楽しめる。
下田の日帰り入浴ができる名湯・金谷旅館の「千人風呂」
下田の蓮台寺温泉の近くにある老舗、「金谷旅館」の名湯「千人風呂」をご紹介。

吉田松陰寓寄処
静岡県下田市蓮台寺300
☎0558-23-5055(下田市教育委員会)
9~17時・水曜定休
一般100円

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました