スポンサーリンク

西伊豆・恋人岬 車中泊&富士山撮影ガイド

恋人岬 西伊豆 伊豆半島
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。

「金の鐘」と「愛の鐘」がある、2つの富士山展望所

恋人岬マップ

恋人岬は戸田から土肥を通り越して、黄金崎に着く手前にある。

最初に断っておくが、ここで富士山を拝むには、往復約1キロの遊歩道を歩かなければならない。

恋人岬

行けばこういう写真が撮れるとはいえ、これから愛を語らう若いカップルはともかく、愛を語り尽くし終えた中高年には、面倒くさい場所かもしれない(笑)。

駐車場と車中泊について

恋人岬 第二駐車場

クルマは県道17号から入ったすぐの「恋人岬事務所」前の第二駐車場と、一段下の「恋人岬ステラハウス」に隣接する第一駐車場のどちらにも停められる。

いずれも無料だが、屋外にトイレがなく車中泊には適さない。

恋人岬 第一駐車場

展望台に近いのは、この第一駐車場。

ここから「金の鐘」と「愛の鐘」がある2つの展望台に続く遊歩道が始まる。

富士山撮影ガイド

恋人岬 金の鐘

こちらが第一駐車場から約200メートルのところにある「金の鐘」の展望台。

恋人岬

モニュメントを利用して、いろいろな写真が撮れる。

駿河湾越しの富士山

だが、それを除く富士山だけの景観も素晴らしい。

「煌めきの丘」や「出逢い岬」よりも、筆者は遠近感が感じられる、ここからの眺望が好きだ。

恋人岬の遊歩道

「愛の鐘」とブロンズ像があるのは、この木道階段の先端。「金の鐘」から、まだ200メートルほど歩く。

愛の鐘

「愛の鐘」。

「金の鐘」より貧素というのは、どういうこっちゃ(笑)。

世の中はやっぱり「愛」より「金」という、若者たちへの暗示なのか?

恋人岬 愛の鐘展望台

有名なブロンズ像もあるが、こちらのほうが単調な写真しか撮れない。

恋人岬 西伊豆

足元から下をカットするほうが、恋人の聖地らしくは見えるかな。

タイトルとURLをコピーしました