スポンサーリンク

道の駅 シーサイド高浜 車中泊好適度チェック!

道の駅 シーサイド高浜 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

昔からある、温浴施設を併設する道の駅

道の駅 シーサイド高浜

丹後半島と若狭を結ぶ国道27号沿いに、2002年にできた道の駅。

舞鶴若狭自動車道が延伸した現在は、スルーしてしまう人も多いと思うが、筆者と同世代の車中泊旅行者には、たぶん馴染みの深い施設だと思う。

当時の若狭には、ここしか道の駅がなかった。

道の駅 シーサイド高浜

外観・内装とも地中海の装いで統一しているという駅舎。

建物にはさすがに年季を感じるが、フラットで広々とした駐車場は、今でも相変わらず車中泊に好都合だ。

道の駅 シーサイド高浜

横に長いこの道の駅には、トイレが2つある。

道の駅 シーサイド高浜

トイレの隣は休憩室で24時間利用することができる。

トイレの前には可燃物用のゴミ箱があるので、調理さえしなければ、ここで一杯やりながら夕食を食べることも可能だ。

道の駅 シーサイド高浜

ただしトラッククレーンが近くにあるため、こちらで車中泊をすると夜間はかなり騒々しい。

道の駅 シーサイド高浜

もうひとつのトイレは温浴施設側の端にある。

だが、2020年4月に再訪した時は故障で閉鎖されていた。

もし使えるようなら、こちらサイドでの車中泊が静かでお勧めだろう。

今度は駅舎の中を見てみよう。

道の駅 シーサイド高浜

右半分はレストランで、ファミリー向けのスペースが用意されている。

道の駅 シーサイド高浜

左側には土産物が並んでいる。

ここまでの説明で分かるように、この道の駅には「心配り」というものがある。たとえ施設は古くても、やりようがあるという「いいお手本」だ。

道の駅 シーサイド高浜

ゴミ箱からもそれがよく伺える(笑)。

【車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○

2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:131台

3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=○

最寄りの温泉(併設)

温浴施設「湯っぷる」(人工温泉)
大人700円
10時~22時(最終受付21時30分)

最寄りのスーパーは、約4キロ離れた「サニーマートおおい店」。

道の駅 シーサイド高浜

なお道の駅の裏側は青戸入江で、海沿いに遊歩道が整備されている。

和田海水浴場

また和田海水浴場まではクルマで5分ほど。

道の駅 シーサイド高浜 オフィシャルサイト

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました