道の駅 伊豆のへそ 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック! 2020年7月更新

道の駅伊豆のへそ 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

修善寺や韮崎反射炉に近い「道の駅 伊豆のへそ」は、中伊豆観光の拠点にお勧め

修善寺温泉

道の駅 伊豆のへそ【目次】

「道の駅 伊豆のへそ」のロケーション

「道の駅 伊豆のへそ」の施設

「道の駅 伊豆のへそ」の車中泊好適度チェック!

「道の駅 伊豆のへそ」の最寄りの温泉&買物施設

「道の駅 伊豆のへそ」のアクセスマップ

スポンサード・リンク

「道の駅 伊豆のへそ」のロケーション

修禅寺

「道の駅 伊豆のへそ」は、伊豆半島北部の「交差点」とも呼ぶべき「修善寺温泉」から北に5キロほどあがったところにあり、伊豆をめぐる車中泊旅行者には昔から馴染みの深い道の駅だ。

蛭ヶ小島

また平家に敗れた源氏の御曹司「源頼朝」が、京都から流され着いた「蛭ヶ小島」や、2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素として、世界遺産に登録された「韮崎反射炉」にも近く、”首都圏のリゾート地”の色彩が強い伊豆半島の中では、異色と呼べる地域にある。

スポンサード・リンク

「道の駅 伊豆のへそ」の施設

道の駅伊豆のへそ

近くに「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」が新しくできて、求められる役割や利用者のニーズが変わってきたこともあると思うのだが、「道の駅 伊豆のへそ」は2018年に大規模な商業施設のリニューアルを受け、以前とは様変わりしている。

その話には後ほど詳しく触れよう。

筆者は2005年にオープンした当時の「道の駅 伊豆のへそ」が好きで、今でも懐かしく思っている。なので、まずはそれから紹介しよう。

リニューアル前の「道の駅 伊豆のへそ」

道の駅伊豆のへそ

当時の駅舎はプレハブの平屋で、奥にあった「みんなのハワイアンズ」の建物とは大違い。

「まさかこっちが道の駅?」だった(笑)。

道の駅伊豆のへそ

しかし隣の「情報館」はなかなかのもので、伊豆で行われた映画やテレビドラマのロケ撮影に関する情報や、作品で実際に使われたセットの小道具・大道具などを見ることができた。

道の駅 伊豆のへそ

「道の駅 伊豆のへそ」は、鮎の友釣り発祥の地「狩野川」の中流域に面している。そのため一画には、入漁券や友鮎の販売所が置かれていた。

道の駅伊豆のへそ

こちらは現在の「伊豆いちごファクトリー」がある建物。当時はフードコートだったが、今より観光案内所の色彩が強かったような気がする。

道の駅伊豆のへそ

極めつけは「みんなのハワイアンズ」。

隣のホテルはリニューアル後も健在だが、左側は農産物直売所の「伊豆・村の駅」に代わっている。

伊豆洋らんパーク

「みんなのハワイアンズ」は、2012年に「伊豆洋らんパーク」を改称し、リニューアルした複合施設だ。

道の駅伊豆のへそ

筆者は見られなかったが、国内最大規模のフラウェーブ(フラダンス・ステージ)を有し、そこでフラを披露する「伊豆の踊り子ロコガールズ」もいたというから、たぶん”伊豆版フラガール”みたいな誕生秘話もあったに違いない。

なぜゆえに伊豆がハワイなのかはわからないが(笑)、筆者はこの雰囲気が好きだったけどなぁ~、残念!

スポンサード・リンク

リニューアル後の「道の駅 伊豆のへそ」 2020年7月更新

道の駅伊豆のへそ

このリニューアルは「道の駅 伊豆のへそ」にとって良かったと思う。

物販飲食のブースを大幅に強化したことで、目論見通り「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」との差別化に成功している。

道の駅伊豆のへそ

農産物直売所「伊豆・村の駅」の店内。

「きのこ」を全面に押し出した演出は垢抜けていて、まるで高級スーパーのようだ。

道の駅伊豆のへそ

クルマ旅に「わさびおろし」を持参している筆者は、特産品の生わさびを目ざとく発見。値段もこなれているので迷わずゲットした。

修善寺は蕎麦のおいしいところで、これがあるといっそう味が引き立つ。

こういう買い物ができる道の駅は見ていて面白いし、記憶にも残る。

しいては記事にも、こんないい話を載せてもらえる(笑)。

道の駅伊豆のへそ

土産品売り場。全体的に通路を広くとって買い物がしやすいレイアウトになっている。これぞ道の駅の売店の「鏡」だ(笑)。

いちごファクトリー

こちらは「伊豆いちごファクトリー」の店内。「伊豆・村の駅」と同様、入場者に強いインパクトを与える演出だ。

さすがに親父には効かないが(笑)、若い人には楽しいと思う。

店内は整然としていて、オープンしてから既に2年以上経つはずだが、スタッフの教育がよく行き届いていることが伺えた。

伊豆いちごファクトリー

ただし値段もいい。さすがにちょっと腰が引けたね(笑)。

道の駅伊豆のへそ MERIDA

さらにこちらは、世界的自転車ブランド “MERIDA” の世界最大規模を誇る展示・試乗施設。

狩野川の両岸に整備された「狩野川コリドー」は、伊豆半島の多様な景観を楽しみながら、駿河湾までの往復約50キロをサイクリングできるそうで、それにマッチするコンテンツを具現化したかたちだ。

道の駅伊豆のへそ

今度は車中泊について。

駐車場は概ねフラットで、車中泊に支障を感じることはなかったが、唯一難点をあげるとしたら、駐車場からトイレが離れていることだろう。

トイレは一番奥のビュッフェレストランの左にあるが、手前はバス用の駐車場になっていて、普通車は停められない。

道の駅伊豆のへそ

トイレの隣には、可燃物用の大きなゴミ箱が用意されている。しかし表示が2つ前の施設のままってのはどうよ(笑)。

道の駅伊豆のへそ

最後に。 “MERIDA BASE” の向かいにある”HESO HOTEL”は、ユニークなルーム構成になっている。

道の駅伊豆のへそ

3990円から泊まれるので、興味があればこちらのホームページで確認を。

スポンサード・リンク

「道の駅 伊豆のへそ」の車中泊好適度チェック!

1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△
普通車:68台
3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=○
道の駅 伊豆のへそ オフィシャルサイト

「道の駅 伊豆のへそ」の最寄りの温泉&周辺買物施設

筥湯

修善寺温泉・筥湯
※道の駅から約5キロ、修善寺観光を兼ねて行くのがお勧め。

☎0558-72-5282
おとな350円 (石鹸・シャンプーなし)
12時~21時(受付最終20時30分)・無休(不定休あり)
駐車場なし(近くに有料駐車場あり)

夜遅く到着する場合は、弘法の湯・長岡店が近い。
夕暮れコース:1,000円(夕方4時~深夜0迄、受付最終23時)。こちらは駐車場無料

コンビニ
道の駅から1キロほどのところに、セブン・イレブンとローソンがある。

スーパーマーケット
マックスバリュ・エクスプレス大仁店まで約700メートル。

「道の駅伊豆のへそ」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

日本全国 道の駅・車中泊好適度チェック!

修善寺 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く修善寺

修善寺
出かける前に知っておきたい、修善寺観光ガイド
失敗しない修善寺観光のためのガイドです。
修禅寺
修善寺のランドマーク「修禅寺」の見どころガイド
中高年のための「修禅寺」参拝ガイドです。
北条政子
北条政子を知れば、修善寺のことがよく分かる。
クルマ旅のプロがまとめた、北条政子と修禅寺に関する記述です。
独鈷の湯
修善寺温泉の概要と、共同温泉「筥湯」
修善寺温泉の概要と、共同温泉「筥湯」に関する記述です。
修禅寺
修禅寺温泉の駐車場&車中泊事情
修禅寺温泉界隈の主な駐車場と車中泊事情を個別に詳しくご紹介。
修善寺の行列店「独鈷そば 大戸」【大阪在住の中高年食レポ】
中高年に向けた、修善寺の行列店「独鈷そば 大戸」の食レポです。

中伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く中伊豆

独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情【中伊豆トップページ】
中伊豆の観光&車中泊事情に関する記述です。
韮山反射炉
幕末ファンに絶賛お勧め! 伊豆半島にある世界遺産「韮山反射炉」
伊豆半島にある世界遺産「韮山反射炉」に関する記述です。
修善寺
出かける前に知っておきたい、修善寺観光ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、失敗しない修善寺観光のためのガイドです。
修禅寺
修善寺のランドマーク「修禅寺」の見どころ
クルマ旅のプロがまとめた、中高年のための「修禅寺」参拝ガイドです。
中伊豆の車中泊スポット 一覧
中伊豆の車中泊スポット 一覧
取材してきた中伊豆の車中泊スポットに関する記事の一覧です。
中伊豆の関連記事 一覧
中伊豆の関連記事 一覧
これまで取材してきた中伊豆の関連記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
乗用車で車中泊を始める際に必要な「三種の神器」の紹介です。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました