スポンサーリンク

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘 車中泊好適度チェック!

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」は川根の穴場車中泊スポット

川根本町

「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」のロケーション

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」は、「道の駅川根温泉」と「道の駅奥大井音戯の郷」のほぼ中間にあるのだが、両者の距離は約22キロ、時間にすれば30分ほどしか離れておらず、道路利用者の見地に立てば、ここに道の駅は必要ない。

川根茶

だが川根はお茶で有名な土地だけに、その魅力を旅行者に伝える施設は必要だ。

そもそも「川根茶」とは、いかなるお茶なのか?

それを素人の筆者が説明するのはあまりに難しく、書いてもほとんど「丸写し」になるだけなので(笑)、興味のある人はこちらのサイトを参考にしていただきたい。

川根茶って?

「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」の施設

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘

筆者はぜひとも正しく入れられた、本物の川根茶を300円で所望したいと思い、二度「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」を訪ねているのだが、残念なことに、いずれも「臨時休業」で望みを叶えることができていない。

したがって、この道の駅で書けるのは車中泊事情だけになる。

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘

写真は「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」のメインにあたる駐車場。フラットで車中泊をするには適しているが、トイレが遠いのが難点だ。

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘

道の駅の駅舎はこの階段を登った先にあり、トイレはその一番奥の端にある。

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘

こちらがそのトイレだが、後に小さく筆者のクルマが停まっているのが見えるだろうか。

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘

実は「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」には駐車場が2ヶ所あり、川根温泉方面から来ると、メインの駐車場への導入口を50メートルほど過ぎたところに、トイレ裏の駐車場に通じる細い道がある。

ここがあるがゆえに、「穴場」の車中泊スポットになるわけだ。

道の駅川根温泉で、トイレから離れた傾斜の強い駐車場所しか空いていない時は、入浴だけ済ませてプラス15キロ・20分ほど走り、ここを利用するほうがいいと思う。

大井川

未舗装の駐車場の裏には、大井川が流れる。

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘

駅舎の入口横には水場もある。

なお、屋外に可燃物用のゴミ箱は見当たらなかった。

「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」の車中泊好適度チェック!

1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:36台
3.ゴミ箱の有無=未確認
4.旅行情報の充実度=未確認
5.付帯設備の充実度=未確認
6.周辺の車中泊環境=△

道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘 オフィシャルサイト

「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」の最寄りの温泉

川根温泉ふれあいの泉
大人520円
9時~21時(受付終了20時30分)・毎月第1火曜定休

「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」周辺の買物施設

コンビニ
ミニストップ中川根町店まで約1.4キロ

スーパーマーケット
大きなスーパーマーケットは近くにない。

「道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました