道の駅 奥大井音戯の郷 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!

奥大井音戯の郷 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

大井川鐵道の千頭駅に隣接する「道の駅 奥大井音戯の郷」は、南アルプスあぷとライン」の始発に乗りたい人におすすめ

道の駅 奥大井音戯の郷

道の駅 奥大井音戯の郷【目次】

「道の駅 奥大井音戯の郷」のロケーション

「道の駅 奥大井音戯の郷」の施設

「道の駅 奥大井音戯の郷」の車中泊好適度チェック!

「道の駅 奥大井音戯の郷」の最寄りの温泉&買物施設

「道の駅 奥大井音戯の郷」のアクセスマップ

スポンサード・リンク

「道の駅 奥大井音戯の郷」のロケーション

大井川鐵道

静岡県の川根本町にある「道の駅 奥大井音戯の郷」は、県道77号川根寸又峡線の道の駅で、大井川鐵道のSLが発着する「千頭駅」に隣接している。

千頭駅

また「千頭駅」は、今でもお子ちゃまに人気の高い「機関車トーマスとその仲間たち」のイベント会場にもなっている。

南アルプスあぷとライン

さらに「千頭駅」からは、もともと大井川源流部にダムを建設するために作られた、「南アルプスあぷとライン」を走る観光列車が運行している。

南アルプスあぷとライン

その「南アルプスあぷとライン」の途中には、日本一の急勾配を誇る線路区間があり、そこでは日本唯一の「アプト式鉄道」が採用されていることから、鉄道マニアに人気がある。

スポンサード・リンク

「道の駅 奥大井音戯の郷」の施設

道の駅 奥大井音戯の郷

まず「道の駅 奥大井音戯の郷」の駐車場は、千頭駅利用者の駐車場を兼ねているため、ハイシーズンの昼間は満車になることが多い。

道の駅 奥大井音戯の郷

つまり「南アルプスあぷとライン」の乗車を目論むのなら、ここで前泊するほうが無難だ。

始発は午前9時12分。「道の駅川根温泉」からでも30分ほどで来れるが、休日の午前9時にはもうこうなる(笑)。

地面は概ねフラットで車中泊に支障はないが、なにぶん駅の真横なので、鉄道が動いている間はけして静かとはいえない場所だ。

千頭駅のトイレ

ちなみにトイレは道の駅よりも、千頭駅に向かう途中の線路脇にある公衆トイレのほうが近い。

道の駅 奥大井音戯の郷

さて。「道の駅 奥大井音戯の郷」のメインにあたる施設は、有料(大人500円)の「音と戯れること」をテーマにした体験ミュージアムだ。

道の駅 奥大井音戯の郷

一階にはインフォメーションがあり、ここまでは無料で入場できる。

道の駅 奥大井音戯の郷

以前はここにカフェがあって軽食も食べられたようだが、移転して現在は館内での営業をしておらず、休憩スペースになっている。

道の駅 奥大井音戯の郷

売店はあるにはあるが… という程度。

道の駅 奥大井音戯の郷

売っているものも、他とはちょっと違っている(笑)。

「道の駅 奥大井音戯の郷」の車中泊好適度チェック!

1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:85台
3.ゴミ箱の有無=なし
4.旅行情報の充実度=△(千頭駅前に観光案内所あり)
5.付帯設備の充実度=△
6.周辺の車中泊環境=△
道の駅 奥大井音戯の郷 オフィシャルサイト

「道の駅 奥大井音戯の郷」の最寄りの温泉&周辺買物施設

千頭温泉旬
☎0547-59-1126
おとな500円
10時~19時・水曜定休

道の駅から約1キロ。食事も可能

コンビニ
ミニストップ中川根町店まで約6キロ。

スーパーマーケット
付近に大きなスーパーマーケットは見当たらない。

「道の駅 奥大井音戯の郷」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

川根温泉・寸又峡 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く寸又峡

夢の吊り橋
川根温泉・寸又峡 車中泊旅行 トップページ
川根温泉と寸又峡の観光&車中泊情報のトップページです。
寸又峡
車中泊で行く寸又峡 パーフェクトガイド
紅葉の寸又峡を車中泊で訪ねる先に役立つ情報が満載です。
大井川鐵道
2つの顔を持つ大井川鐵道の楽しみ方
SLとアプト式列車が走る大井川鐵道にの魅力を解説しています。
SL C11
「大井川鐵道」のSL撮影スポット【安心・安全・スマホでOK!】
旅行者向けの「大井川鐵道」のSL撮影スポットをご紹介.
南アルプスあぷとライン
南アルプスあぷとラインで行く「接阻峡温泉半日周遊プラン」
秘境にある接阻峡温泉までの、ユニークな鉄道半日ツアーをご紹介。
大井川鐵道と寸又峡 関連記事一覧
大井川鐵道と寸又峡 関連記事一覧
これまでに取材してきた大井川鐵道と寸又峡に関連する、すべての記事の一覧です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
これから車中泊を始める際に必要な「三種の神器」をご紹介。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました