出かける前に知っておきたい、修善寺観光ガイド

修善寺 史跡
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の紹介です。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

修善寺は「近くにいれば寄り道する価値がある」ところ

筥湯

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの★★とは

修善寺観光のキーワードは、「弘法大師」「湯治場」「北条政子」「小京都」

スポンサード・リンク

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの★★とは

修禅寺

「修善寺」を旅する際に重要なのは、いい加減な情報に踊らせられないよう、正しい認識を持つことだ。

そのためには、「言葉」の理解から始める必要がある。

まず、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで★★の評価を得ているという修善寺温泉だが、★★とは「近くにいれば寄り道する価値がある」という意味にすぎない。

ちなみに★★★は「わざわざ旅行する価値がある」で、★の数はひとつしか違わないが、その差はかなり大きい。

伊豆縦貫道

ただ修善寺へのルートは道路整備が進んでおり、東名・新東名高速道路からは「❶伊豆縦貫道」「❷伊豆中央道」「❸修善寺道路」と乗り継ぐことで、ほとんど一般国道を走らず到着できる。

具体的には東名高速道路「沼津IC」又は新東名高速道路「長泉沼津IC」を降りたら、そのまま伊豆縦貫自動車道(無料)へ入り、終点の「函南塚本IC」まで行く。

伊豆縦貫道

「伊豆縦貫道」の途中にある「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」のあたりは、富士山もよく見える。

もちろんここでの車中泊も可能だ。

さらに「函南塚本IC」で降りたらそのまま直進し、伊豆中央道(有料)・修善寺道路(有料)と乗り継げば、修善寺温泉街に到着する。

なお「伊豆中央道」「修善寺道路」ではETCが使えない。そのため200円が2度必要となるので、あらかじめ小銭を用意しておこう。

スポンサード・リンク

修善寺観光のキーワードは、「弘法大師」「湯治場」「北条政子」「小京都」

修禅寺

さて。

ねぇねぇ、岡村~

修善寺のランドマークと呼ばれる「修禅寺」だけど、なぜ地名は「修善寺」で、漢字は違うのに両方とも「しゅぜんじ」って読むの?

修禅寺

「チコちゃん」じゃないが、

今こそ、すべての日本国民に問います。

そんなことも知らずに、やれミシュランとか、弘法大師創建などと云ってる日本人のなんと多いことか…

ぼ~っと生きてんじゃねぇよ~!(爆)

スポンサード・リンク

修善寺

修善寺観光の基本は、「弘法大師」「湯治場」「北条政子」「小京都」の4つのキーワードを理解すれば見えてくる。

まず「弘法大師」についてだが、現地では「修禅寺」の創建と「独鈷の湯」の開湯は、弘法大師の手によるものとしているが、その行動記録を見る限り、弘法大師が伊豆半島まで足を運んだかどうかは疑わしい。

そうなると「独鈷の湯」の伝説は嘘なのか?

と早合点しがちだが、多くのガイドは「修善寺温泉」の本質をきちんと旅行者に伝えきれていないと思う。

なぜなら…

それでは町が潤わない(笑)。

蛭ヶ小島

次に。実は筆者は「北条政子」こそ、修善寺を理解する「肝」だと思っているのだが、歴史が好きでない人には、鎌倉時代そのものがとっつきにくく思えて、いまひとつ興味が湧かないかもしれない。

ゆえに、彼女にまつわる地を外して観光してもかまわないが、そうなると修善寺が持つ「独自の地域性」が消え、後付けされた「小京都」を見て帰るだけになるだろう。

修善寺

修善寺では、1996年から3年がかりで遊歩道を整備し、弘法大師ゆかりの地と源氏関連の史跡に、「竹林の小径」などの新たな要素を加えることで、広い世代からの人気を得ている。

修善寺

竹林の小径は1997年にできた桂橋から楓橋に至る間の小道で、途中には四季の
様子を写真で紹介する「しゅぜんじ回廊」(無料)がある。

ただ修善寺の歴史を調べてみると、京都との関連性は一切見当たらず、「小京都」のイメージは近年に観光政策の一環で築かれてきたものでしかない。

首都圏の若いカップルが、修善寺で京都風情を楽しむのは否定しないが、中高年が本当の京都を知らずに、こういうテーマパークのレベルで満足してしまうのは、しごく残念に思う。

指月殿

修善寺には「京都にもない独自の深い日本の歴史」が刻まれている。

それをレトロとかノスタルジーという言葉で片付けるなんて、筆者の自尊心が許さない(笑)。

ただ、それを含めたとしても…

『修善寺は「近くにいれば寄り道する価値がある」ところ』であることに間違いはない。

また「寄り道」ゆえに、わざわざ現地で車中泊をする必要性はなく、近くに道の駅があるので、そこで前日か、観光後に泊まれば十分だろう。

修善寺 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く修善寺

修善寺
出かける前に知っておきたい、修善寺観光ガイド
失敗しない修善寺観光のためのガイドです。
修禅寺
修善寺のランドマーク「修禅寺」の見どころガイド 2022年3月更新
中高年のための「修禅寺」参拝ガイドです。
北条政子
北条政子を知れば、修善寺のことがよく分かる。2022年3月更新
クルマ旅のプロがまとめた、北条政子と修禅寺に関する記述です。
独鈷の湯
修善寺温泉の概要と、共同温泉「筥湯」 2022年3月更新
修善寺温泉の概要と、共同温泉「筥湯」に関する記述です。
修禅寺
修禅寺温泉の駐車場&車中泊事情
修禅寺温泉界隈の主な駐車場と車中泊事情を個別に詳しくご紹介。
修善寺の行列店「独鈷そば 大戸」【大阪在住の中高年食レポ】
中高年に向けた、修善寺の行列店「独鈷そば 大戸」の食レポです。
十割そば さくだ
修善寺のワンコイン屋台「十割そば さくだ」 【大阪在住の中高年食レポ】
修善寺のワンコイン屋台「十割そば さくだ」の食レポです。

中伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く中伊豆

独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情【中伊豆トップページ】
中伊豆の観光&車中泊事情に関する記述です。
韮山反射炉
幕末ファンに絶賛お勧め! 伊豆半島にある世界遺産「韮山反射炉」
伊豆半島にある世界遺産「韮山反射炉」に関する記述です。
修善寺
出かける前に知っておきたい、修善寺観光ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、失敗しない修善寺観光のためのガイドです。
修禅寺
修善寺のランドマーク「修禅寺」の見どころ
クルマ旅のプロがまとめた、中高年のための「修禅寺」参拝ガイドです。
中伊豆の車中泊スポット 一覧
中伊豆の車中泊スポット 一覧
取材してきた中伊豆の車中泊スポットに関する記事の一覧です。
中伊豆の関連記事 一覧
中伊豆の関連記事 一覧
これまで取材してきた中伊豆の関連記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド【クルマ旅のプロが解説!】
クルマ旅のプロがまとめた、実体験に基づく車中泊用サブバッテリーのリチウムイオン積替え&新規搭載のためのアドバイスです。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました