道の駅 熊野・花の窟 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック! <車中泊禁止>2021.2月更新

道の駅 熊野・花の窟 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

「道の駅 熊野・花の窟」は、世界遺産に登録された「花の窟神社」の駐車場を兼ねた道の駅

花の窟神社

道の駅 熊野・花の窟【目次】

「道の駅 熊野・花の窟」のロケーション

「道の駅 熊野・花の窟」の施設

「道の駅 熊野・花の窟」の車中泊好適度チェック!

「道の駅 熊野・花の窟」 最寄りの温泉&買物施設

「道の駅 熊野・花の窟」のアクセスマップ

スポンサード・リンク

「道の駅 熊野・花の窟」のロケーション

道の駅のタイトルになっている「花の窟」は、2004年に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成遺産(熊野参詣道伊勢路の一部)として登録された「花の窟神社」のこと。

道の駅熊野・花の窟

「道の駅 熊野・花の窟」は、「花の窟神社」に隣接する「お綱茶屋」が、これまでの観光情報に道路情報の提供を加えることで、2016年に道の駅として登録された施設にすぎない。

つまり、この道の駅の主役は「花の窟神社」だ。

花の窟神社

「花の窟神社」には、今日に至るまで社殿はなく、熊野灘に面した高さ約45メートルの巨岩である、この磐座(いわくら)をご神体としている。

神倉神社

「花の窟神社」のご神体と、この和歌山県の新宮市にある神倉神社のご神体であるゴトビキ岩は一対をなしているとも云われ、それぞれ「陰石」「陽石」として、ともに熊野における自然信仰(巨岩信仰・磐座信仰)の姿を今日に伝えている。

その意味では、ぜひ両者ともに立ち寄って、世界遺産の意味を直接肌で感じてきていただきたいと思う。

なお、どのガイドにも書かれている、天照大神を生んだ「伊弉冊尊(イザナミノミコト)」の御陵で、日本最古の神社という話は、日本書紀を編纂させた大和朝廷が、いかにも後付けで創り出した嘘臭い神話なので、考古学的見地を重んじる当サイトでは触れないし、ユネスコもそこを評価しているわけではない(笑)。

「道の駅 熊野・花の窟」の施設

道の駅熊野・花の窟

さて。

筆者はどこかで、この道の駅には「車中泊禁止」の看板があると聞いた覚えがあり、2021年2月に確かめてきた。

看板が古くて小さいうえに、ちょっと分かりづらいところにあるので拡大すると、なるほど確かに。

道の駅熊野・花の窟

こう記されると、良識ある旅人は車中泊を断念せざるを得ない。

だが、筆者以外にこの道の駅の車中泊情報を紹介しているサイトは、Youtubeを含めて2022年2月現在、どこもこの真実を載せていない。

どれも読むかぎり、隈なく敷地を調べたという感じではなく、「まさか」と見落としているようにも見受けられるが、もしかしたら施設側も「その程度の意識」で掲げているのかもしれない。

察するに、この看板は道の駅に登録される前に作られたもので、管理者もよくチェックをしていないのだろう。少なくても「道の駅」であることを意識しているなら、看板のタイトルも内容も違ってくるはずだ。

とはいえ、ルールはルール。

北京オリンピックの高梨沙羅ちゃんのようにならないためには、確実に表記が変わるまで、ここでの車中泊は控えたほうが安心かもしれない。

というより、10キロほど新宮寄りのところに、もっと車中泊に適した道の駅がある。

ここから先は、休憩で立ち寄った時と、来るか来ないか分からないが(笑)、車中泊がOKになった時のために載せておく。

道の駅熊野・花の窟

まず駐車場の収容台数は25台と書かれているが、ツメツメではないので、狭さはさほど感じられない。またフラットで車中泊に支障はなさそうだ。

ただ前を通る国道42号は、夜間も通行するクルマが多く、車中泊で停めるならできるだけ奥の方がいい。

道の駅熊野・花の窟

左の建物の1階がウォシュレットを完備しているトイレで、右にある細い通路を進むと食事処と売店のある広場に出る。

道の駅熊野・花の窟

こちらがその広場のレイアウトだ。

道の駅熊野・花の窟

食事は軽食中心で、古代米「いざなみ米」を使用したうどんやおにぎりの他、地域特産のさんま寿司やめはり寿司などが食べられる。ただし営業時間は11時から14時までとかなり短い。

道の駅熊野・花の窟

テイクアウトして休憩スペースで食べる人が多いため、敷地には可燃物のゴミ箱が置かれている。

道の駅熊野・花の窟

売店は食品以外に雑貨の品揃えが豊富で、他にはないような土産品も多く見かけた。

道の駅熊野・花の窟

道の駅に格上げするために、新しく設けられたという情報コーナー。

これで道の駅に認可されるなら、お安いもんだね「お綱茶屋」さん。ただで宣伝してもらえて観光客がわんさわんさ。

笑いが止まらないのは分かるが、せめてオフィシャルサイトくらいは作ったほうがいいのでは…

フェイスブックは、ただのインフォメーションツールにすぎない。

「道の駅 熊野・花の窟」の車中泊好適度チェック!

1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△
普通車:25台

3.ゴミ箱の有無=あり
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=△
6.周辺の車中泊環境=○
道の駅 熊野・花の窟 オフィシャルサイトなし

「道の駅 熊野・花の窟」の最寄りの温泉&買い物施設

みはま湯
道の駅から約1.7キロ・4分
☎0597-85-3558
大人450円
15時~20時・水曜定休
P有り(6台)

コンビニ
ファミリーマートまで約160メートル。

スーパーマーケット
約1.4キロのところに「イオン熊野店」がある。

「道の駅 熊野・花の窟」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

熊野古道 車中泊旅行ガイド(伊勢路編)

車中泊でめぐる熊野古道

道の駅 紀宝町ウミガメ公園
道の駅 紀宝町ウミガメ公園 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!
道の駅 紀宝町ウミガメ公園の車中泊に関する情報です。
道の駅 パーク七里ヶ浜
道の駅 パーク七里ヶ浜 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!
道の駅 パーク七里ヶ浜の車中泊に関する情報です。
道の駅 熊野・花の窟
道の駅 熊野・花の窟 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック! <車中泊禁止>2021.2月更新
道の駅 熊野・花の窟の車中泊に関する情報です。
熊野 獅子岩
熊野の獅子巌(獅子岩) 駐車場&お勧めフォトスポット
熊野の獅子巌(獅子岩)に歩いていける駐車場をご紹介。
鬼ヶ城
車中泊ができる鬼ヶ城から行く、熊野古道の名所・松本峠は、伊勢路散策の「いいとこどりコース」
世界遺産・鬼ヶ城と熊野古道の松本峠に関する記述です。
和歌山・奈良編はこちら

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド【クルマ旅のプロが解説!】
クルマ旅のプロがまとめた、実体験に基づく車中泊用サブバッテリーのリチウムイオン積替え&新規搭載のためのアドバイスです。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました