近畿

南紀白浜温泉

開放感あふれる、日本最古の露天風呂「崎の湯」/和歌山県・南紀白浜温泉

徳川吉宗公も入ったという「崎の湯」は、今なお源泉掛け流しが続く豊富な湯量と、硫黄の香り、そして何より波飛沫がほとばしる豪快なロケーションを誇る南紀白浜温泉のランドマークで、古文書に記された「湯崎七湯」の中では、唯一残る湯壷とされる。...
2018.09.29
南紀勝浦温泉

ホテル中の島 紀州潮聞之湯(きしゅうちょうもんのゆ)/和歌山県 南紀勝浦温泉

作家の藤本義一が命名した開放感あふれる露天風呂 紀州潮聞之湯は、中の島の中に6本の源泉を保有する「ホテル中の島」の温泉浴場のひとつで、眼の前に波が押し寄せる太平洋へ、天然の硫黄泉を惜しむことなくかけ流している。壮大なロケーショ...
2018.09.29
南紀勝浦温泉

ホテル浦島 忘帰洞(ぼうきどう)/和歌山県 南紀勝浦温泉

他に例を見ない大迫力の洞窟風呂 広大な敷地を持つホテル浦島には12の源泉があり、摂氏50度の硫黄分を含む極めて濃度の高い温泉が湧き出ている。 ホテルには7つの浴場が用意されているが、中でも有名なのが大洞窟風呂で知られる忘...
2018.09.29
南紀勝浦温泉

天然温泉公衆浴場 はまゆ/和歌山県 南紀勝浦温泉

地元の漁師さん御用達の温泉銭湯 勝浦漁港緑地公園から徒歩10分足らずで行ける昔ながらの銭湯だが、オーナーが自ら掘り当てた自家源泉を持ち、地下500メートルから湧出する新鮮な天然温泉を、惜しむことなくかけ流している。 ...
2018.09.29
南紀勝浦温泉

花いろどりの宿 花游 日帰り入浴情報/和歌山県 太地町

南紀勝浦温泉の「湯めぐり手形」で、日帰り利用できる太地の温泉旅館 串本と那智勝浦町の間に位置する太地町にある「花いろどりの宿 花游」は、南紀勝浦の温泉旅で「湯めぐり手形」の最後の1枚を使うに相応しい温泉館である。 紀州潮...
2018.09.29
噂の秘湯・名湯/入湯レポート

湯の峰温泉にある、世界遺産温泉「つぼ湯」のスマートな入湯法

湯の峰温泉の「つぼ湯」が、これほど脚光を浴びるようになったのは、2004年に世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素に認定されたからに他ならない。「この世にひとつしかない、入湯可能な世界遺産の温泉」と聞けば、日本のみならず世...
2018.09.29
噂の秘湯・名湯/入湯レポート

湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯の正体とは… /和歌山県・熊野本宮温泉郷

現地に行ったことのない人が、インターネット検索で様々なウェブページを見る限り、湯の峰温泉公衆浴場の構成は、「分かるような・分からぬような」気がするのではないだろうか。 特に「くすり湯」については、熊野本宮観光協会のオフィシャル...
2018.09.29
噂の秘湯・名湯/入湯レポート

川湯温泉の日帰り入浴施設 まとめ/和歌山県・熊野本宮温泉郷

川湯温泉といえば、写真の「仙人風呂」が代名詞だが、この野天風呂は毎年12月から2月の厳冬期にしか営業されない。加えて、ここは「プール」と呼ぶほうが相応しい。我々中高年は「孫連れ」で行くのがいいかもしれない(笑)。 さて...
2018.09.29
噂の秘湯・名湯/入湯レポート

わたらせ温泉・大露天風呂/和歌山県・熊野本宮温泉郷

渡瀬温泉は1963(昭和38)年に開湯した比較的新しい温泉地で、湯の峰温泉と川湯温泉の間を流れる四村川沿いに位置している。 ここで有名なのが、”西日本最大級”を自負する「わたらせ温泉大露天風呂」で、近畿在住者なら誰もが...
2018.09.29
南紀白浜温泉

湯崎七湯の砿湯(まぶゆ)を引く、白浜の由緒高き共同温泉「牟婁(むろ)の湯」

崎の湯とともに「湯崎七湯」の名残を残す共同浴場で、ナトリウム-塩化物泉の「砿湯(まぶゆ)=茶色」と、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉の「行幸湯(みゆきゆ)=透明」を引き湯し、2つの浴槽に注いでいる。ともにかけ流しだが、高温のため加水...
2018.09.29
南紀白浜温泉

源泉かけ流しの日帰り温泉が併設する、道の駅 椿はなの湯

温泉併設の道の駅といえば、だいたいは「道の駅に日帰り温泉がくっついている」という感じなのだが、ここは「日帰り温泉が道の駅になった」珍しいケースのようだ。したがって、駅舎には物販スペースも食事処もなく、あるのは入浴関連施設だけ… まさ...
2018.09.29
南紀白浜温泉

「崎の湯」に勝るとも劣らない泉質と居心地を持つ、長生(ちょうせい)の湯

大海原が見える磯の「崎の湯」とは対照的に、木をふんだんに使った古い木造家屋の庭に露天風呂がある日帰り温泉施設。ロケーションは違うが、なぜか同質の開放感を感じさせてくれる。 公式サイトによれば、昭和の時代に存在した「古賀湯」が枯...
2018.09.29
南紀白浜温泉

白良浜を眼下に見下ろす共同温泉 白良湯

車中泊ができる「しららはまゆう公園」から歩いて行ける共同温泉。海水浴場になる白良浜の一画にあるため夏は別だが、それ以外の季節にはお勧めだ。木造建屋の暖簾をくぐると、昔ながらの銭湯を思わす「番台」があり1階は広い休憩室になっている。 ...
2018.09.29
噂の秘湯・名湯/入湯レポート

吉野川源流部に湧く褐色の秘湯 「湯元 山鳩湯」/奈良県・入之波温泉

入之波と書いて「しおのは」と読む。 今は民宿が3軒残るだけの鄙びた温泉地だが、古くから薬湯として知られ、平安時代には既に温泉として開湯されていた歴史を持つ。江戸時代には湯治に訪れる人も多かったというが、温泉愛好家の間で評価の高...
2018.09.29
噂の秘湯・名湯/入湯レポート

車中泊ができる、「下北山温泉 きなりの湯」

下北山温泉は、バスフィッシングで有名な池原ダムの前に整備された下北山スポーツ公園の中にある。ここにはテニスコート、多目的グランド、オートキャンプ場、コテージなどが備わり、家族連れやグループがスポーツ・レジャー・アウトドアを楽しむ拠点...
2018.09.29