「リアル侍ジャパン」 呼子の名護屋城

川中島 エッセイ

戦国時代には、「川中島の戦い」や「桶狭間の戦い」など、文字通り日本の有力武将同士が領地の覇権をかけた戦を長きにわたって続けていたのだが、豊臣秀吉が天下人となったことで、情勢は大きく変わった。

戦地は日本から朝鮮半島へと舞台を移すことになる…

そして佐賀県の呼子には、当時の「明」との大戦に備えて築かれた、まさに唯一無二ともいえる真の「サムライ・ジャパン」の拠点跡が今も残されている。

名護屋城は、文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき)に際して築かれた平山城で、五重の天守や御殿を擁し、その規模は当時の城郭では大坂城に次ぐ広壮なものであったという。

だが秀吉の死後、大陸進攻が中止されたために城は役目を失い、主な建物は唐津城に移築された。この幻ともいえる巨城跡は、国の特別史跡に指定され、平成18年(2006年)には日本100名城(87番)に選定されている。

 1592年(文禄元年)から1598年(慶長3年)にかけて、「戦国サムライ・ジャパン」が死闘を繰り広げた文禄・慶長の役は、16世紀における世界最大の戦争とされるのだが、大学受験に日本史を選んだ人以外は、たぶんその内容をよく知らないと思う。ただこの布陣を見れば、「負けるわけがない」と思うのは、秀吉だけではあるまい。

確かに、この戦は日本が仕掛けた純粋なる侵略戦争だけに、隣国の心情を思えば、そのことを掘り返すのはあまり気持ちの良いことではない。ゆえにここでは、歴史上の事実を客観的に記載するだけにとどめる。

なお名護屋城跡には「佐賀県立名護屋城博物館」が建てられている。

そこには、名護屋城の模型から「文禄・慶長の役」に関する詳しい解説を見ることができる。

佐賀県立名護屋城博物館 オフィシャルサイト

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

 

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 

バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 

タイトルとURLをコピーしました