霧島温泉の「車中泊・居心地度」チェック!

緑渓湯苑 霧島温泉

車中泊で行く霧島温泉
居心地度・総合評価 3.5

1.車中泊好適地度:〇
2.滞在好適度:〇
3.湯めぐりサービス度:×
4.温泉情緒度:△
5.名湯・秘湯度:○

総合:3.5 ○○×△○

<参考>車中泊の温泉旅で、「居心地のいい温泉地」と呼べる5つの条件

湯めぐりワンポイント・アドバイス

●「霧島温泉郷」は「霧島神宮温泉郷」・「新川渓谷温泉郷」・「日当山温泉郷」との4つで形成される霧島温泉の中の「温泉郷」のひとつで、全体の総称は霧島温泉になる。

●個性的な「秘湯・名湯」が各温泉郷に存在するため、本気で「温泉めぐり」を楽しむには、数日間の連泊が必要だ。

●ただし、どの温泉郷にも「温泉街」は存在せず、全温泉郷で利用できる割引制度もない。湯めぐり手形があるのは「霧島神宮温泉郷」のみ(入湯霧札1200円)。

●観光地は「天孫降臨」神話と、「坂本龍馬の新婚旅行」にまつわるところが多く、レジャー施設は皆無に等しい。その意味では中高年向きの温泉地といえる。

●車中泊は道の駅霧島でできるが、連休時は大混雑する。

霧島温泉 車中泊旅行ガイド

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 楽天市場の九州特産品 特集!
タイトルとURLをコピーしました