スポンサーリンク

龍馬とおりょうも訪ねた、霧島温泉の犬飼滝

絶景スポット

柱状節理の壁を流れ落ちる、直瀑

高さ約36メートルの石壁の間から豪快に流れ落ちる犬飼滝(いぬかいのたき)は、霧島山に端を発して鹿児島湾に注ぎ込む、天降川(あまふりかわ)の景勝地のひとつで、平成12年に「新鹿児島百景」の1位に選定されている。

犬飼滝 滝見台

かつて、坂本龍馬が妻おりょうとここを訪れ、姉の乙女宛に「蔭見(いんけん)の滝、其滝の巾五十間(約百メートル)」と書き送っているが、実際の幅は22メートル。ここに限らず、龍馬の話は大袈裟なことが多い(笑)。

写真は県道470号線沿いにある「滝見台」だが、今ひとつ景観はよろしくない。

冒頭の写真は、駐車場から10分ほど遊歩道を歩いた、滝壺に近い場所から撮影した。行くなら歩きやすいスニーカーのほうがいい。

犬飼滝 駐車場

舗装された駐車場を完備しているので、クルマでどうぞ。なお近くには、和気清麻呂ゆかりの和氣神社もある。

[mappress mapid=”50″]

霧島温泉 車中泊旅行ガイド

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 楽天市場の九州特産品 特集!
タイトルとURLをコピーしました