車中泊OKの黒川温泉「ふれあい広場」 

無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

ただし、キャンピングカーは別の駐車場へ。

今どき、まさか!

そう思う人は理性があると思うのだが(笑)、思い切って問い合わせた結果、驚くような答えが返ってきた。

黒川温泉 車中泊

「ふれあい広場」の入口には、大型車・キャンピングカーの乗り入れと駐車を禁じる記載があるが、それは場内の狭さが理由で、今のところはここでの車中泊を禁止するものではないとのこと。

どうやらかつて、駐車場内で接触事故のトラブルがあったようだ。

そのためキャンピングカー用には、トイレはないが広い第4駐車場が用意されている。また10分ほど離れた150台収容の「新駐車場」にはトイレもある。

問題は、ハイエースクラスのキャンピングカーが、この看板の表現をどう解釈するかだ。

筆者の問い合わせに返答していただいた方の言葉からすると、入庫の可否は、この駐車枠内に収まるかどうかが判断基準になるように思うのだが、それが全ての誘導係に共有されているかどうかはわからない。

特にファジーなのは5メートル未満のキャブコンと、ハイエースのスーパーロング。正直、このあたりはその日の「運」次第だと思う(笑)。

なお断られたからといって、食って掛かるような大人げないことはやめよう。どうせ無理は無理と意固地にさせるだけで、せっかくの旅に水をさす。

もともと、できたらラッキーという程度の話だと思おう。その時は少し戻って、新駐車場か「道の駅小国」で車中泊をすればいい。
道の駅小国 車中泊好適度チェック!
クルマ旅のプロがまとめた、黒川温泉に一番近い「道の駅小国」の車中泊に関する記述です。

最後に。

いまさら云うまでもないことだが、繁忙期は朝から日帰り客が多く利用するため、節操をもった車中泊が求められる。

黒川温泉

車外で洗濯物を干したり、自炊をするような行為があれば、いつ全面禁止になっても不思議ではない。

もっとも… このロケーションでそれができる奴は、それはそれで凄い。よほどのバカか、それこそ車中泊の達人だ(笑)。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

小国郷 車中泊旅行ガイド

小国郷
小国郷
「小国郷」の概要・見どころ・車中泊事情
久住高原や阿蘇から近く、人気の温泉地が集まる「小国郷」を詳しく解説しています。
黒川温泉
車中泊で行く黒川温泉 パーフェクトガイド
入湯手形が使えて無料駐車場での車中泊が可能な「黒川温泉」を詳しくご紹介。
わいた温泉郷
「わいた温泉郷」の概要・名物・車中泊事情
クルマ旅のプロが、車中泊旅行者に人気の高い熊本県の「わいた温泉郷」を詳しくご紹介。
「杖立て温泉」の概要・名湯・名物・車中泊事情
熊本県と大分県の境にある「杖立て温泉」の概要・名湯・車中泊事情を詳しくご紹介。
やまなみハイウェイ
九州絶景ドライブコース「やまなみハイウェイ」 概要&車中泊パーフェクトガイド
関の本交差点で合流する「やまなみハイウェイ」の概要と見どころをご紹介。
小国郷 関連記事一覧
小国郷 関連記事一覧
これまでに取材してきた、小国郷に関連するすべての記事の一覧です。
タイトルとURLをコピーしました