松山自動車道の石鎚山ハイウェイオアシス(道の駅 小松オアシス)車中泊好適度チェック!

石鎚山ハイウェイオアシスSA・PA・HWO
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

温泉・電源サイト・道の駅・サービスエリアが一体化した車中泊の理想郷

正確に云うと、温泉があるのはサービスエリアではなく、そこより高台に用意されたハイウェイオアシスなのだが、「石鎚山サービスエリア」「石鎚山ハイウェイオアシス」、そして「道の駅小松オアシス」はほとんど同じ場所にある。

道の駅小松オアシス

組織運営上しかたがないとは思うが、旅人には分かりづらく迷惑な話。なので、表記はわかりやすいようにしておいた。

石鎚山ハイウェイオアシス

上記の都合から、ハイウェイオアシスの駐車場には低い柵が設けられており、人間は自由に動けるが、クルマは道の駅には入れない。

そのため、現在は道の駅の駐車場に停めるとトイレが遠い。

道の駅小松オアシス

こちらが「道の駅小松オアシス」。

ただし2019年4月現在はリニューアル中で、同年の7月にオープンする予定とのこと。1年以上閉館していたので、どんなふうになるのか楽しみだ。

リニューアル後の道の駅の詳細ページ

道の駅小松オアシス

その奥にある「おあしす市場」は現在も営業している。なお、ここにはゴミ箱がある。

今度は、ハイウェイオアシス側の説明を。

石鎚山ハイウェイオアシス

写真の中央にあるのがトイレ。奥の建物が温泉だ。

温泉・電源サイト・道の駅を併設する、松山自動車道の石鎚山SA(石槌山ハイウェイオアシス)

バックドアが使いやすいのは、上の写真の左奥にあるイベント広場の前のスペース。ここが一番落ちつける。

なお取材時には気づかなかったが、この公園の奥に、電源サイトが2500円で利用できる「石鎚山ハイウェイオアシスキャンプ場」があるらしい。

調べたところ、「小松中央公園オートキャンプ場」とも呼ばれているようだが、高速道路から直接クルマでは行けない

最寄りの「今治小松自動車道・いよ小松IC」で降りて、キャンプ場までは約10分。キャンプ場からは徒歩で石槌山のハイウェイオアシスに入り、道の駅で受付をする(休館中は椿温泉こまつが代行)。

面白いことに、このキャンプ場はINが16時・OUTが翌9時と、まさに「旅人仕様」になっている(笑)。

しかも完全なオートサイトなので、車外で料理と食事をしてもかまわない。

筆者のようなオートパッカーにとっては、RVパークよりも自由度が高く、充電が必要な時には願ってもない施設だけに、筆者も次回は行ってみたい。

椿温泉こまつ

椿温泉こまつ

入浴料は400円とリーズナブルだが、シャンプー・ボディーソープは置いていないのでお忘れなく。温泉館の外には、眺めのいい無料の足湯がある。

椿温泉こまつ オフィシャルサイト

石槌山サービスエリア

写真で分かるように、ハイウェイオアシスまではけっこう離れているため、移動にはクルマがお勧めだ。

お遍路装束

松山を中心にしたお土産物の品揃えが充実しているが、目を引いたのは「お遍路さんの装束」。

四国では札所だけでなく、サービスエリアでも手に入る。

なお、一度ハイウェイオアシスに上がって、帰りにサービスエリアに寄るのは原則として禁止されている。

道路案内はそのまま本線に向かうよう指示されているため、事故の原因になりかねないので控えよう。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました