「いちのいで会館」にあるアクアブルーの温泉は、保湿成分豊かな美肌の湯。

いちのいで会館 別府温泉

人気の「景観の湯」は男女日替わり。女性は奇数日

「いちのいで会館」は、ラクテンチの近くにある仕出し屋が本業で、入湯の受付が大分県の郷土料理「だんご汁」(夏季は松花堂弁当)とのセットのみになっている、ちょっと風変わりな温泉だ。

いちのいで会館

ゆえに行くなら、せっかくのご飯が美味しく食べられる昼前後がいい。

景観の湯

とはいえ、訪れる人のお目当ては、鮮やかなアクアブルーのお湯をたたえ、別府市街から海まで一望できる「景観の湯」だろう。

ただし「景観の湯」は男女日替わり。ここにはもうひとつ金鉱跡に浴槽と天然サウナを設けた「金鉱の湯」があり、「景観の湯」は偶数日が男性、奇数日が女性と決まっている。つまり夫婦で温泉好きなら、2度行くしかない(笑)。

「景観の湯」は、奇抜な色に注目が集まりがちだが、pH8.4 の弱アルカリ性に加え、保湿力の高いメタケイ酸が、なんと346.6 ミリグラムも含まれる美肌の湯。名実ともに、別府温泉郷を代表する名湯のひとつと云えるだろう。

施設概要

● 所在温泉地:別府温泉郷・観海寺温泉
●業態:日帰り温泉施設
●泉質:ナトリウム- 塩化物泉
●お湯:源泉かけ流し
● お風呂:内湯1、露天風呂男女各1
●休憩スペース:あり(無料)
●飲食施設:あり
●駐車場:あり(約25 台・無料)
●シャンプー・石鹸等:なし
●ドライヤー:なし

利用データ

●営業期間:通年
●営業時間:11 時~ 16 時(閉館17 時)、貸切風呂は~ 16 時(閉館)、土・日曜、祝日は10 時~
●定休日:不定休(12 月30 ~ 31 日休)
●入浴料:大人1,470 円(食事付きのみ)・小人(3 ~ 6 歳)680 円、貸切風呂(1 時間1 室、食事代1名1,470 円別)3,000 円(要予約)

Ps

いちのいで会館

これだけ見晴らしがいいということは高台にあるわけだが、「いちのいで会館」手前の100メートルほどは、道が細いうえにカーブが多く、ハイエースでも対面通行はできない。ましてジルクラスのキャブコンになると、運にも大きく左右されるだろう。

リスクを避けたい人は、別府公園にクルマを停め、いちのいで会館までの約1.4キロを、タクシーに乗るか歩くといい。

[mappress mapid=”104″]

別府温泉 車中泊旅行ガイド

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 楽天市場の九州特産品 特集!
タイトルとURLをコピーしました