名瀑と美肌の湯が楽しめる、九重”夢”温泉郷の「竜門温泉」

九重夢温泉郷

充電しながらキャンプ場でまったり。それも可能

昭和50年代前半に、九重町の新しい温泉地として開発された「竜門温泉」は、「九重”夢”温泉郷」の中では、ちょっと毛色が違うアウトドア色の濃い場所だ。

そのランドマークが、松木川沿いの竜門寺境内にある「龍門の滝」。

高さ約26メートル、幅約40メートルの1段目の滝は深い滝壺を持つ。その滝壺から流れ落ちる2段目の滝は、安山岩の岩床を70メートルにわたって滑るように流れ落ちる。

その組み合わせが、見た目に美しいのだが、夏はガラリと景色が変わる。

画像出典:(公社)ツーリズムおおいた

訪ねたのが10月下旬だったため、この景観を生で見られなかったのは残念だが、夏に天然のウォータースライダーが楽しめる「滝すべりスポット」として、県下ではよく知られた存在らしい。

個性的な滝が多い九州だが、こういうのは初めて見た。都会ではあったとしても「滝すべり」を禁止しそうだ(笑)。

さて。筆者が入湯した「滝之湯」は、「龍門の滝」に通じる無料公共駐車場に面した一等地にある。

駐車場側のシャッターを閉めているため休みかと思ったら、玄関は通りに面した裏側だった(笑)。

龍門温泉

年季を感じる湯船に注がれているのは、48℃の弱アルカリ性単純泉。pH8.1のいわゆる「美肌の湯」が100%かけ流しにされている。

浴場は館内にある男女別内湯のほかに、道路を隔てた向かいに露天風呂があるが、ホームページには書かれておらず、気をつけていないと見落とすので注意が必要。

龍門滝乃湯 オフィシャルサイト

入浴料: 300円
営業時間 :10:00~20:00 不定休
シャンプー、ボディソープあり

値段とお湯からすれば、悪いとは思わない。ただ、ここには違う選択肢もある。

それは「龍門の滝」の上流にある、貸し切り温泉施設の「良仲湯(いなかゆ)」だ。残念ながら筆者は入湯できていないが、公式サイトや温泉レポートを見るかぎり、4つの貸し切り風呂は、すべて趣が異なり、景観も素晴らしい。

50分で2000円と多少値は張るものの、その値段に見合う寛ぎが得られそうだ。

良仲湯 オフィシャルサイト

オートキャンプ竜門

いっぽうこちらは、「良仲湯」に隣接する高規格オートサイトの「オートキャンプ竜門」。

区画サイト料3500円。それにひとり500円の入場料が加わり、夫婦なら1泊4500円。電源を使えば別途1000円かかるが、設備からすれば今は安いほうだ。もちろんトイレはウォシュレット。そのうえ場内には無料の露天風呂まで揃っている。

キャンピングカーの場合、長旅ではサブバッテリーの充電がどこかで必要になると思うが、ここはその候補地のひとつにしてもいいと思う。

オートキャンプ竜門 オフィシャルサイト

[mappress mapid=”114″]

やまなみハイウェイ車中泊旅行ガイド

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました